原っぱを歩いていくと

たった一本、ポツンと立っている紅梅があるのね。

一本なのに、存在感がとても大きいの

 

2003.03.06