種をまいたわけじゃないのに

そっと咲いてくれたポピーにありがとうといいました。

 

   
ここで

アナタに逢えた

それは

とっても

幸せなこと

   
 

心の

トゲトゲが

きえていく

きのう

きょう

   
体の痛みより

心の痛みのほうが

辛いね

   
自分を好きになれ

というから

鏡に向かって

ニッと笑って

好きですと

言って見た

   
笑顔がいいねって

いうから

ひきつっても

笑ってみよう。

   
アナタの

声が

あなたの

ことばが

いまのわたしの

ささえ

   

なぜか

きょうのこころは

くうちゅうをただよう

けむりのように

ゆらゆらゆれている

なんでだろう

 

   

心の

ゆれを

恋文に

してみた

だすあてのない

恋文