ふと見つけた桜の大木・・散り行く桜を惜しみながら・・・

 

たった一本の桜。。

もう何年ここにいるのだろう。

何十年もここにいて

どんな人が

どんな想いで見上げていたのかな。

 

一陣の風が

吹きすぎた・・・

花びらは

小さな鳥が群れ飛ぶように

舞散っていったわ。

 

 

 

散り敷いた花びら・・・

やがて、新緑となり

赤く色づき、冬枯れて

そして芽吹き

また花を咲かせる

 

散り行く桜のソバで

アナタはまだ見事に咲いているね

可愛い愛しい姿をありがとう。

アナタから

力強さと潔さを貰ったよ。

2003.04.18