和田家の中で人々は

それぞれの胸中に

心の故郷を抱いていたのかな