「開けてはいけないのよ」

「開放厳禁だから開けていいんだよ」

そんな声とともに、窓が開いた。