冬になると、厳寒の能登の千枚田へと、心はいつも飛んでいた。

やっと、捉えた厳寒の雪の舞う白米(しろよね)千枚田

 

 

辿り着いた棚田・・・期待していたのに千枚田には・・雪がなくて。。

 

 

観光協会の女の子の言うとおりだった

 

 

たとえ 雪が降っても、海からの風で、雪は舞い上げられてしまう・・・らしい。

 

 

あ〜風に逆らわず風のまにまに育った木が・・・

 

 

翌朝、待望の雪が降った。

小雪が舞う中。千枚田へ

降ってるのに雪がなーーーーい!!

 

 

海には雪が降っているのに・・・

仕切りなおしで

午後また来ようと、すごすご引揚げた。

 

次 へ