あ〜着いた着いた

ふう〜〜

   
赤が綺麗。

冬なのに

火照った身体に

風のなんと心地よいこと。

   
ここは

那智山青岸渡寺

熊野で最古の建造物。

国の重要文化財。

   
那智の滝と

三重塔、

   
写真でみていた光景が

目の前に広がっていたわ。

 

   
さてさて

これから

あの

那智の滝まで行かなくちゃ

   
息子は山道を

私たちは自動車道を

向こうに見える階段を

降りるのが、

もう足ガクガクで

怖くなったみたいだったわ。

   
いよいよ

この鳥居をくぐって

那智の滝へ。

   
下りましょ

下りましょ

   
もっともっと下りましょ

この、鉄の手すりの

冷たかったこと

つかまらないと

こけてしまいそうだったのよね。

あそこまで行けば

滝が見える。

 

   
みえたぁ〜〜

すごーーーい

きれーーーい。

   
   
 

ぐーーーんと引き寄せてみたわ。

三本の滝だったのねえ

那智には山霊が棲むという四十八滝があるときいたわ。

四十八滝を巡れる日があったらいいな。

 

さて、冷たくなった手を火で温めて

あの階段を、登りましょう。

   
さむいさむい

急に冷え込んできた、

那智の滝でした。

   
バス停には

三本足の

やたからすの看板があったのよ。

 

縁起が良いとも言われているけれど

どうなのでしょうね。

   
バスで大門坂駐車場まで・・・。

ここで

お食事しましょ。

   
今夜はね

和食会席の予定だから

お昼は質素に質素にね。

   
この黒い塊は

「めはりずし」

高菜の葉っぱで、好きな具財で

炊いたご飯をくるむのですって、

大きくて頬ばって、目を見張るほど

大きく口を開けるから

めはり・・・っていうんだって。

   

次 へ