電話が鳴った

 

 

 ぽっかりと空いた心に愛と書き

        苛立つ心撫でで宥めて

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「電話がね。調子悪くなってバッテリー買わなくちゃ」と息子に言ったら

「もう、その電話のバッテリーも売ってないから買おう」

そう言って、家電話を買ってきてくれたの。

そしたら、掃除機も電源切ったら、うんともすんとも言わないで

壊れちゃった。

あーー壊れるときって一度に壊れるねぇ。

掃除機も買うことに・・・。

あーあ散財しちゃうな、でも、ないと困るしね。

だから、翌日買いに行くことに・・・。

外は土砂降りの雨。

そしたら、息子が急に立ち上がり、ポケット抑え、バックをまさぐり。

「財布がない落としたかも、エッサンで支払いしたけど・・・」

途中で落としたんだと、雨の中暗い道へ探しに出て行った。

エッサンは近くの量販店、歩いて7分足らずの所。

私も出たけれど暗くてよく見えず項垂れて帰宅した。

でも、息子の前では「落としたものはしょうがない」

内心ドキドキしているのに

「得した人がいる・・とどけてくれることは・・ないよね」なんて、

言いきっていた、、

直ぐに銀行へ電話、キッシュカード停止。

あーーなんでこうなるの、

次から次へとなんでこんなに色々な事が起きるの?

神様仏様。大いなる力を力を持つ方。。助けてください!

もう、これ以上苦しめないで・・・と。

雨の夜空へ向かって手をあわせた。

涙かポトリと落ちたの・・・

でも息子にはきずかれなかったわ。

辛うじて、気丈なお母さんを振る舞えた。

あーあと溜息をそっとついた、

哀しみも苦しみも辛いこともみんなみんな葬ろう

一所懸命葬ろう・・・。

そうしなかったら堪えられないよ、

胸に想いシコリを抱えたまま眠りについたけれど

眠れぬままに朝が来た。

kanji00275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝。

8時10分、昨日買った電話がトルルーーーと鳴ったの。

発信者は、下4ケタが 0110番

「あっ警察だ」・・・オサイフガミツカッタノカモ(#^.^#)

「ダイスケさんいらっしゃいますか」

「はいいます居ます」とワタシは繰り返し言ってしまった。

息子の嬉しそうにハキハキとした「ハイハイハイ」の声がきこえる。

届けてくれた人は、拾得者の名前の報告はしない・・・

そう告げてお財布を置いて行ったとか・・・。

一晩、離れていたお財布をしげしげと眺めた私たち。

警察署を去る前に、二人して手を合わせ

警察の建物ら向かって

「届けてくださった方感謝感謝します」と

深々と頭を下げたんです。

必死の祈りが通うじたんだとおもった。

本当に本当に拾得して届けてくださった方に

感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

モチロン、息子には

「二度と落とすな――――――――――――ー」といいました、(#^.^#)