バリアフリー

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二十数年前、まだyukioは50代半ばだった。

あの頃は、階段の手すりにつかまりながら歩けた、

名栗というところに鳥居観音という観音様があって

上まで登ろうと手すりにつかまり、

えっちらおっちらと、らせん状の階段を昇って行った、

最後の所であと一息という時。

観音様のお顔ところまで行けるという箇所には、

梯子があった・・。

daikannon_img01

 

右半身不随のyukioには

梯子は昇ることは出来なかった。

あの時。登れない先を見つめ残念そうに

深いため息をついていたこと。

今でもはっきりと覚えている。

SONY DSC

先日、名古城の修復のことが新聞に出ていた。

史実に基づいたより正確なものに…ということらしい。

だから、エレベーターなどもってのほかだとか

階段昇降機も考えたがそれも取り入れないらしい、

障害を持った人とか、高齢者で足の不自由な人とか

全て排除されるらしい。

史実に誠実に正確にを徹底して考えていくのだとか

もしも、遠い遠い街からから障害を持った人たちが

名古屋に来て名古屋城に行こうよと勇んで

名古屋城へ行ったらば、

天守閣まで、車いす等の人たちは行くことができず

行動を遮断されたら、

なんと思うだろうな。

海外からも車いすで来るかもしれない。

でも天守閣までは昇れない…。

SONY DSC

名古屋は、そんな人たちに、背を向けたんだね。

世界に背を向けたと言ってもいいかも…

天守閣には、もちろん史実に正確にということならば、

電機は点かないのだろうな

城主様きり昇れなかったというから、

誰も上れなければいいのかも…

なんか

とても

腹が立つより

寂しいなあ。

バリアフリーという言葉行ったり来たりしているの…