片付け

たった一つ残った花びら

明日吹く風にも 耐えるのだろう・・・きっと。

強さを貰ったよ 強くならなければ・・・、。

息子の借家が更新の時期になり、出て行かなければならない

家賃63,000円の家。

息子には、出て行かなければならないこと伝え、承知はしているようだけれど

確実ではない・・・みたいだ。

息子の家には、トリカラという名の20歳の猫が居たけれど

天国へ逝ったのは

お嫁ちゃんが亡くなる二か月ほど前の2019年2月末

デブ猫で7キロもあった可愛かったな

そして、二か月後の2019年4月にはお嫁ちゃんが逝ってしまった

そして・・・2020年6月には息子が長期入院

この家には帰って来ない、ほんと。帰って来られない。

賑やかだった家に静寂がおとづれ

「誰も居なくなってしまった」

ぼんやり部屋の真ん中に座っていたら

息子やお嫁ちゃんの笑い声が聞こえてきた。

みんなみんな居なくなってしまうなんて誰が思っただろう。

この家を出なければならないこと息子の友達に話したら

バンド仲間の大勢の友達が集まって

大事に大事にしていた17本の左利き用のベースギターを

丁寧に丁寧にまとめてくれた

こんなにもっていたなんて。

息子がこんなにも友達に恵まれていたなんて

感謝感謝でいっぱいだつた

みんな、元気元気に笑いながら

片づけてくれてあれよあれよという間に

ダンボールの山。

お母あさんはうごかないでねツカレルカラ・・・なんど、言われただろう・


なんか。ものすごく寂しい、

とってとってうれしい。

凄い複雑

心とても疲れた

息子をどこにすまわせよう

一人で住めないし。。。

あまりに課題が多すぎる。


どうにかなるのだろう・・・・。



夫が左手で゜描いた左手用のペースギタ