日 記

nagare

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄茶色のノートを開くと

そこには、在りし日の母が息づいていた

行を追おうごとに

日記の中の母は今の私そのものであり

そして・・遠い少女の日の私が目を貫いてきた。

その時、遠くに雷鳴が聞こえた.

母の文字にも,雷鳴があった。

 

  亡き母の日記読み終え眠る夜の

       遠く折々雷鳴の聞こえ

sirohana

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠い遠いあの日、病室のベツドの中から左手を伸ばし

「行かないで」母は、そう言った。

「来週くるから」と振り切るように病室を出たワタシ。

一週間後

窓辺を指差し、母は「おかあちゃんがきた」・・・と言った

その翌日、母は76歳で逝ってしまった。

 

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日

押し入れの片づけをしていたら、

引き出しの中から、大学ノート十数冊の母の日記が出てきたの

しばらく読んでなかったな。

母が逝ったあと、毎日毎日母の日記を読んだっけ。

逢いたくて 会いたくて 遇いたくて

どれほど母の日記を読んだことだろう

寂しくなると日記を読んだワタシ。

 

開いたら、母の笑う顔。泣いてる顔。寂しげな顔。怒る顔…。

久しぶりに出会えた母・・・。

母が逝った年にあと数年で近づく。

元気で乗り越えて長生きしなければ・・・(#^.^#)

久しぶりに母に逢えて凄い嬉しい、

萎んだ心も大きく大きく膨らんだ。

「かあちゃん見守っててね」

cat005

日 記」への12件のフィードバック

  1. お母さん、おかあちゃん、と呼びたいときがあります。
    母が逝って37年、母の逝った年を遥かに生かされています。
    最近母を思い出すのです。姉も浄土で楽しい毎日を過ごして
    いるでしょう。

    母はお寺参りを楽しみにしていました、その頃の法話の聴聞の
    事を書いていました。それが私の宝に残っています。
    足跡を残しておくのも大事ですね。いずれ母に届けます。

    【日記読みました。私も思い出残そうと思いました】
    と思います。

    • ハニーさんこんばんは
      コメントありがとうございます
      母は、いくつになっても母なんですねえ。
      時々空を見上げて「かあちゃん」って呼びます。
      久しぶりに日記を読んで懐かしくて懐かしくて
      此処に書いてしまいました。

      ハニーさんの宝物は
      お母さんは、法話の聴聞のことを書かれていたんですね
      大事な大事な宝物ですね。
      素敵ですねえ。

  2. こんにちは。
    母の思い出、大切ですね。自分は早く母を亡くしたから。
    思い出少ないですね。お茶をしてたのだけ覚えてます。
    お菓子が美味しかったかな、その程度です。残念です。

    • 寝拓郎さんこんにちは。
      母との思い出を読んでいただいてありがとう。
      思い出が少ないということなのに
      こうして書いていただいて嬉しいです、
      お茶をたてている様子が
      ぼんやりと浮かんできました、

    • ゆめさんこんにちは♪
      お母ちゃんが出てくると

      その日はとても幸せ気分になるよね(#^.^#)

      京都は暑いだろうね。

  3. お母さまが
    まあちゃさんの事を
    案じて
    寄り添ってくれたんです、
    この時
    あなたの
    隣りに寄り添って
    一緒に
    日記を見て(読んで)いたと思います。
    お母さまは
    なにも喋らなくても
    あなたの
    心の中へ以心伝心なのと
    思います。
    あなたが
    お母さまの夢を見たとか
    ふとお母さまの事を思い出したりとか
    考えたりとかされるときは
    気持ちの上で
    あなたがお母さまに近づくんじゃなくて、
    お母さまが
    あなたのそばに寄り添う時なのですよ。
    そんな時
    あなたは お母さまの事を感じるんですよ!
    上手く言えませんが
    そうなんです!。
    お母さまが傍に寄り添うことで
    あなたの脳裏に記憶された
    色々な事が蘇りますし、
    お母さまが
    大好きな愛おしい まあちゃさんに
    “ 大丈夫よ ” って
    寄り添ってくれたと思います。
    素敵な時間を持ててよかったですね!
    ・・・
    お話し(記事)を読ませていただいて強く感じた事です。
    取り留めのないコメントでごめんなさいね。
    ・・・
    写真に思う
    ・人生の流れのように躍動感あふれる素敵な写真に感じました。
    ・険しい道のりを乗り越えて花園へ
    ・そこはとても穏やかな語り部の処
    ・幼なじみの仲良しさんの気持ちになれた素晴らしさの はじまり・・、
    写真と絵にそんなことを感じながら拝覧させて頂きました。
    ・・・
    私も
    自身を振り返る事が出来ました、
    ありがとう!

    • どんぐりさんこんにちは♪
      何時も、素敵な言葉をありがとうございます。

      ここしばらくの間は、お目目のこととか
      いろいろいろいろで、
      気持萎んでいたから、母の日記に気づかせてくれたんですね。
      そして、傍に来てくれた\(^o^)/
      母は死してもなお母なんですねえ。
      幾つになっても娘になってしまうんです。

      清流の写真に見入っていただいてありがとう(#^.^#)
      いつまでも見つめていた「清流」でした。

      数年前に
      母は幻影となって現れたことがありました。
      私が脳下垂体選手の手術をするとき。
      不安に駆られてうずくまっていた時に
      ふと見上げたら、
      母がキッチンの横に立っていました。
      「あっかあちゃん」と声に出したら
      深くうなづいて消えたんです・・・・。
      とってもとっても不思議でしたが。
      「大丈夫」と言ってくれたようで、
      なぜか心がストーーンと鎮まったんです。
      あれはとても不思議でした。

  4. 母以外思う人はありません。

    母が亡くなって30年近く経つと言うのに、そんな思いがありません。
    母は(アルツハイマー症)で亡くなりました。
    階段から落ち腕の骨を折って、入院中に発症いたしました。
    大晦日に病院から電話があり、ある朝、部屋から離れた廊下で寝ていたというのです。
    直ぐに退院して欲しいといわれました。

    やっと(アルツハイマー症)という言葉が、新聞に出て来た頃でした。
    それから徘徊、被害妄想と続きました。
    息子が高校1年の時でした、徘徊に出ると私に迷惑がかかると、止めようとするのですが、そんなことは出来ません、
    私すら、めがねを壊されたのを覚えています、仕事で手が離せない内に出て行ってしまいます。もうその頃は、家の電話番号も住所も忘れていました。
    いつかは、パトカーでつれてきてもらったこともありました。

    その一人息子が、壁にコブシをぶつけていたのを見て、もう家では、到底面倒は見れないと思い、外に助けを求めました。
    あの頃は施設も無く、病院も外から鍵をかける部屋も無く、面倒を見てくれるところがありませんでした。

    あっ、ごめんなさい、私の身の上話をしだしてしまいました、母の思い出は語りつくせないほど、ありますね。

    台風も過ぎ、今、空が夕焼けになっています。

    • kimiさんこんばんは、
      よくぞ書いてくださいました。
      ご苦労されたことしみじみ伝わりました。
      読み進めていくうちに、目がしらが熱くなってきました。
      どんなにかご苦労されたことか。
      ましてや、敬愛するお母様が
      自分を分からなくなっていく姿は
      言葉では言い表せない衝撃と
      哀しみだったことでしょうね

      息子さんの「壁にこぶし」痛切に伝わりました。
      我が家もそうでしたから・・・「夫のことでです」

      母は昭和の最後の年に亡くなりましたが
      あの頃は「アツルハイマー症」等の福祉のサービス
      何もありませんでしたよね、
      本当に大変な生活を乗り越えてこられたんですねえ
      素晴らしいです。

      私・・今を頑張ります、

      kimiさんありがとう。(#^.^#)

  5. おはようございます。
    なにか、勝手なことを書いてしまい、大丈夫なのだろうかと、心配をしていました。
    ありがたく、うれしい言葉を頂き安堵しております。

    今思えば、母のことは短い時間でしたが、そう出来てよかったと思っています。
    まあちゃさんは御自分も、眼を患ったりしながら、強い気持ちで頑張っていられるのには、感心してしまいます。

    私は眼を使う(使わない仕事など無いでしょうが)仕事なのですが、まったく病院にも行っていません。かなり視力も落ちて相当前から飛蚊症(この字でよいのか?)があります。白内障もそろそろ出てくるのではと心配しながらも、病院に行かず山登りにいっています。
    写真が好きで、趣味人倶楽部に入り、そこで陶芸の好きな、川柳(恒星)さんに知り合い。こちらにお邪魔するようになりました。
    自分ではまだホームページを持っていなく、お邪魔するのもまだ慣れていません。
    ありがとうございました、これからも宜しくお願い致します。

    • kimiさんこんにちは
      今日は暑い暑い暑い・・・。
      もうヘトヘトです、
      午前中に眼科へ行ってね。
      右目の具合があまり良くないこと話したら。。
      再手術と言われて・・
      少し落ち込んでしまいました。

      恒星さんの陶芸も素敵ですよね(#^.^#)
      kimiさんのこの間の陶芸も素晴らしかったですよねえ。
      また掲示板で見せてくださいね。
      楽しみに待っています。
      お目目を酷使するお仕事のようですが、
      お目目大事にしてくださいね。
      速めに眼医者さん逝きましょうね(#^.^#)

コメントは受け付けていません。