命日

 

up1100802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命線描きなおしてるマジックで・・・。

 

今日、5月9日は、28歳で天国へ逝ってしまった

兄の命日。

病名は「尿毒症」

人工透析なんてなかった時代だった

あの時、もしも人工透析があったら

助かっていたのかなあと思ってしまう、

生きていたら。。ひーふーみーよー・・・。

指折り数えたら。80歳なのかなあ

あの時の母は54歳だったのか。

「わぁーーー」と哭き崩れた母の声が耳朶に遺っている

何時まで経っても、何年経っても

「今居たらなあ」と思ってしまう。

兄の声は、ダークダックスの「ぞうさん」の声に似ていて

良く通る低い低い声だった。

野アザミの花が好きでよく「アザミの歌」を歌ってくれたっけ。

高校の教師をしていた兄は、生徒たちに慕われて

「あざみ」と出した文集をみんなが発行してくれた。

何回も何回も読んだ文集はボロボロになったけれど

今も手元にある…

up1700800

 

私、弱いけれど、まだまだ一所懸命生きていくからね

だって、私が生きていれば「兄ちゃんは生きていける」

そうだよねえ。

「死」はもう、死んだひとのものではないんだな。

「死」は残された者が、その死を引き受けて

抱えていくべきものなんだとおもう。

「死」は生きているものたちの中でしか生きられない

死んだ人が、あのときをはこうだったとか、

口を聞いてくれるわけじゃないから。

抱えていってあげなくちゃね。

なんかね

しんみりと思っちゃった・・・。

azatate-1

命日」への10件のフィードバック

  1. 素敵な
    お兄ちゃん
    でしたんですね!
    まあちゃさんは
    その分
    色々な思い出を
    語りながら
    いつまでも
    いつまでも
    長生きしてね!
    うまい言葉が出てこないけれど
    お兄ちゃんも
    きっと
    まあちゃさんのこと
    しっかり 観てるような気がする
    まあちゃさんが
    お兄ちゃんを語るとき
    まあちゃさんの
    傍にきてるんよ
    私は
    そんなに思う。
    まあちゃさんの大好きなおにいちゃん
    極楽の学校で
    生徒を集めて
    アザミの小冊子を作ってるかも
    お兄ちゃんに
    あの数列の話をしてみたい私
    きっと
    その種をあかすだろなぁ
    何故って
    物理的現象だから
    お団子を
    10ヶ並べて
    その上の合間にならべると9ヶ
    また上の合間にならべると8ヶ
    ・・・
    最後は1ヶ。
    話 脱線しちゃったけど
    大好きな
    おにいちゃんは
    まあちゃさんの
    心のなかで
    げんきなんだね!
    きっと
    おにいちゃん
    喜んでるよ・・・、

    • どんぐりさんおはよう、
      楽しいコメンありがとうございます。
      おおーー(#^.^#)
      その手の会話は、兄は大好きだった。。
      ピラミツド形ですね
      兄は理物理の教師でした。大好きだったかも
      話が尽きなかったかもです。
      こんなふうに兄を此処へ引っ張り出してきて
      良かったなあっておもった(#^.^#)
      どんぐりさんありがとうね

  2. まあちゃさん こんにちは。何時も有難うございます。

    若くして逝かれた お兄さんの命日ですか。
    半世紀前・・・・透析はなかったんですね。
    50年過ぎても、妹さんに慕われて、あの世でご満足と。

    私は、末の弟が54才で逝きました。
    辛くて立ち直れないかと思いましたが・・・・
    ・・何年も経過 夫も逝き それぞれ良い事だけが思い出されますね。

    • ekoさんこんにちは
      兄弟姉妹つてもいつまでも一緒という気持ちが
      消せないですよねえ
      弟さんも先に逝かれたのですか?
      指しいとき月有ったのですねえ
      とわの別れっていずれ来る・・
      想い出を大事にしたいと思いました、

  3. まあちゃさん こんにちは。

    お兄さん28歳で天国ですか、早すぎますね、病気も今でしたら、
    助かってますね。まだ透析がなかったのですね。
    物理の先生でしたか、偉かったのでしょうね。
    まあちゃさんが 慕い続ける限り天国で笑ってますよ。
    まあちゃさんが元気で居ることが大切ですよ、お兄さんのためにも。

    • 歳が離れていたから
      とても寂しかった…・め
      優しかったしね
      だからも私の中で生きて行ってと言ったんです
      私は元気に生きているつもりなんですよ。(#^.^#)

  4. 読んでいて当時の(今も)まあちゃさんの思いが痛いほどわかりますよ。
    28歳の若さ、今いれば80才、まあちゃさんも頼れたのにと思うと
    言葉も見つかりません。
    私も、
    いずれは再会する、きょうだい四人で私だけが生かされています。
    これも何かのご縁だと思ってるのです。
    母に会いたいです。まあちゃさんお兄さんのぶんを生きてください。

    • ハニーさんこんばんは

      想いが伝わってすごい嬉しいです。
      兄弟姉妹でたった一人残った・・・。
      寂しさがジーンと伝わります
      いつの日が異界へ旅たったときに
      報告することたくさんありますね。
      父も母もここに書いた長兄も
      五年前に亡くなった次兄も
      私を見守ってくれている・
      そう思って頑張って生きていけます、

      ハニーさんはもう人の私の兄だと思っています(#^.^#)

  5. まあちゃさん、こんばんは。

    お兄さんの命日だったのですね。ずっ~と心の中で生きているのよね。
    良~く分かるわ、そんなふうに思う気持ち。
    私も父母はとっくの昔に、たった一人の兄を63歳で…二年半前に。
    すでに脳と肺に転移した末期の食道癌でした。
    兄は建築の仕事でしたので今住んでいる我が家も兄が携わった
    随所に思い出の詰った家です。あそこもここも…

    何かあるたび天国の誰かが何時も守ってくれているような気がしてるわ。
    まあちゃさんのブログで私もいつかの日のこと思いしんみりしちゃいました。
    私のことばかり書いちゃってごめんなさい。
    でも思い出にふけさせてくれてありがとう。泪がでちゃった!!

    • 讃岐っ子さんこんばんは、
      今ね鼻をズーズーすすりながら書いてます
      たった一人のお兄さんだったのねえ。
      其れもお家を作ってくれてたなんて・・・。
      家の中の随所随所にお兄さんの手を顔を思い出すでしょうね
      なんかね
      涙止まらないの・・ごめんね。
      サッシをガラッと開けてお兄さんが顔を出す。
      そんな気にもなるでしょうね。
      お兄さんの温かな手でくるまれているように
      感じるのだろうね。
      作ってもらってよかったよね。
      お兄さんのこと聞かせてくれてありがとうね
      そして
      想い出に浸ってくれたなんてすごい嬉しい。(#^.^#)
      讃岐っ子さん…生き抜いていこうね。

コメントは受け付けていません。