SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きていたら。106歳

そう、母が生きていたら106歳

異界へ旅立つて30年経った

平成の世を生きられなかった母。

昭和の次はなんて言う年号になるんだろうね

病床で言っていたなあ、

亡くなった人の年を「今居たら」なんて

数えても詮無いことだけれど数えてしまうよね

無くなる二日前に病床で母が言ったわ。

窓を指さして

「ほらお爺ちゃんおばあちゃんが来た」

そう言って微笑んだ母。

私は逢ったことがなかった母の養父母

優しそうな写真でしか逢ったことがなかったけれど

あの時

私にも優しい笑顔が見えたような気がした。

二日後母は導かれるように逝ってしまった。

まだまだ一緒に居たかつたのに

癌と見事に闘いながら強く生きて逝ってしまった。

 

313hibi220

もうじき母の生きなかった年を私は生きていく。

命を授かった時に私に与えられた命。

後何年有るのか神のみぞ知ること・・・・。

頑張って生き抜こうと今日は強く強く思ったんです。

 

 

」への14件のフィードバック

  1. おかあさんのご命日なのね。30年の月日はとても、長いようで、過ぎた月日はあっという間のようにも思われるでしょう。
    私の娘の最初の子供は9月16日が命日です。
    3年11ヶ月程の短い命でした。明日が4歳なのに・・・
    この世に生を受けて、最初の頃、病院で、「チェンチエイ。助けテェ」と言う可愛い言葉でした。最後の言葉は「これ。最近買ったの」と、私に言った言葉でした。最近と言う言葉を覚えたのでしょう。オモチャの事です。
    今でも忘れられません。
    娘は暫く精神が不安定でしたが、今では、二人の息子を精一杯育てる強い母になりました。息子は17歳と23歳です。人間は辛いことを乗り越えると、強くなるものですね。
    余分な事を書いて、ごめんなさい。

    • mutumiさんこんにちは。
      とても大切なことをお話していただいて
      胸がいっぱいです。
      お孫さんと母が命日が一緒だったなんて、
      もしかすると母とお孫さんは
      天国で出会っているかもしれませんよね
      それにしてもなんという可愛い必死な言葉何でしょう
      目頭が熱くなってしまいました。
      娘さんその後立派にお二人育てられたんですね

      曾孫さんのこと以前少し聞きましたよね
      人って艱難辛苦乗り越えて強くなれるんですねえ。
      話していただいてありがとうございます。

  2. こんばんは。
    あの猛暑も去りほっとしています。【母】なん度でも呼んでみたい
    (おかぁさん)口に出す言葉で一番大事な暖かい言葉ですね。
    母の生きた年を13年生かされています。人生100年とか、
    子供が増えて元気な世の中になることを望んでいます、
    まあちゃさん、元気でいてください。私も元気で頑張ります。

    • ハニーさんこんにちは。
      猛暑が一段落しましたねえ
      涼しい日が続きましたが起用はまた暑くなってしまいました、
      「母」の文字ってとても暖かいですよね
      はい、
      頑張って生き抜きます。
      ハニーさんも楽しい日々を送りながら
      頑張って元気でいてくださいね

  3. まあちゃさん、こんばんは。

    今日はお母さんの命日で30年も経ったの。
    あれこれ思い出すと泪が出てきちゃうね。
    昨日あんなにお話したのに一言言ってくれればよかったのに・・・

    上の m u t u m i さんのコメントも読ませて頂いて
    娘さんや幼いお孫さんのことを思うと心が痛み泣けてきました。

    世の中には辛いこと、悲しいこと…みんな乗り越えて来てるのね。
    今日はお母さんのこと思って「母」のこと綴って読ませてくれてありがとう。
    もうすぐお彼岸だね、お墓参り行かなくちゃ。

    • 讃岐っ子さんんこんにちは
      あまりにも話すことが多くて。。。(#^.^#)

      あーあの時の母はこうだったなあと
      夜になってから30年前を思いだしたのね
      一コマを思い出すと次から次へと
      思い出せるからすごいよねえ母って、

      みんなみんな
      色々なこと抱えて泣いたり笑ったりで
      生きているんだねえ
      そうそう、お墓参り行かなくちゃね

  4. まあちゃさん おはようございます。

    昨日がお母さんの命日でしたか、いろんな思い出があるでしょうね。
    いろいろまあちゃさんもあると思いますが、運命ですから、
    力いっぱい頑張ってください。
    自分は早く母を亡くしたから思い出がないですね。

    • 寝拓郎さんこんにちは、
      私は母との思い出がたくさんあるから
      幸せなんですよね
      色々なこと思いだせるって幸せなんだと
      寝拓郎さんの言葉で感じました

  5. まあちゃん こんにちは~♪
    私も母への感謝は忘れてません
    90歳迄~呆けずに生きて来ました、
    母への私の駄作です~読んで頂いたら嬉しいです、
    私は7人兄妹の末っ子でした~

    母への思ひ

    故郷でてから なんねん経った
    数えきれない 月日が過ぎて
    戻りたいけど 戻れないんだよ
    あぁ~母の夢みて 泣いていた
    写真でみた 母の微笑み
    忘れられぬ こころの広さに

    故郷でた時 二十と一年 
    数えきれない としつき過ぎて
    戻りたいけど 戻れないんだよ 
    あぁ~母に逢いたい 逢いたいと
    母の強さに 憧れていた
    わたしの弱さ 叱ってほしい

    故郷でるまで ずうっとふたり
    過ごした日々が 愛しく思い
    戻りゃ出来ぬ 故郷だけど
    あぁ~母の香りが 懐かしく
    母の写真みて 涙溢れて
    優しかった 母の姿に

    • ひーちゃんひーちゃん。
      お母さんへの思いが募った歌。
      何て素敵なんだろうねえ。
      おかあさんへのひーちゃんの
      想いがあふれてる歌に胸が熱くなったわ。

      母さん恋しいよねえ
      今居たらどんな話をしたのだろうねえ。

      90歳までだなんて長生きされたんですねえ
      でも会えることは少なかったのね。
      私は
      ひーちゃんは強く強く生きていると思うわ。
      私も頑張って生き抜くぞ‥(#^.^#)

  6. そうとう、昔の話です。
    家が困っていたか、親夫婦の関係がどうだったか,分らないくらい昔。
    確か《一緒に死のうか?》と母に言われたことがありました。
    箪笥の前で座りながら《ウン》といったことを覚えています。
    多分泣いていたんでしょうね、母は。
    とにかく、甘えっ子このわたしでしたから。

    先日、お墓参りに行っていなく、後悔があった私は、ふと一人で元浅草のお寺に行って来ました。
    たわしで綺麗に掃除してお花と線香を上げると,母に謝って,少しだけ楽になりました。

    • kimiさんこんにちは。
      今雨の中織り機教室から帰宅しました、
      なんか切ない思い出があったんですね。
      唯一話せる息子だったのかもしれませんね
      優しい息子だったんだと思います。
      お墓参りに行かなければ。。
      私も、墓前で無沙汰を詫びてきますね。

  7. まあちゃさん こんにちは。何時も有難うございます。

    母上は、76才で亡くなられたんですね。貴女もそのお年に・・・
    やはり 1年一度の祥月命日には、何年経ても思い出しますね。
    昭和の終りに癌で、娘の記憶にもしっかり残って、喜んでられます。

    私の母も9月26日が祥月命日です。朝から母を偲んでました。
    母は37才で、私16才でした。今年は70年目 107才になるのかな(^^♪

    • ekoさんこんにちは
      まあ凄い若くお母様は亡くなられたんですねえ
      76歳まで生きてくれた母に感謝しなくては。
      でも亡くなられても70年も思い出してくれる人がいるって
      ある意味幸せですよね
      ekoさんお話ありがとうございます

コメントは受け付けていません。