命日

up200335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしく振り返ってみた遠い日を

 

今日は義母ハルちゃんの命日だ。

旅たってから14年経つ。

宗教上の事からハルちゃんは先祖代々のお墓には入らずに

自分で墓を買った。強い人だ。自分の信念を貫いたのだもの。

私は先祖代々のお墓を守る。

二つのお墓は守れない。

だから義弟がそのお墓を守ることとなり。

私は一度もお墓参りに行ってない。

分骨はぜったいにしないでと泣いて縋って頼まれたあの日。

「わかったから、私はハルちゃんのお骨は持たないから」と

約束した。あの日。遠い遠い日になったなあ。

34年一緒に住んで、死して別れた私たち・・かな。

けれど、仏前ではいつも祈る。ハルちゃんにお願い事もする

あの14年前の早朝、病院からハルちゃんを連れて帰るとき

西の空に大きな大きな真っ白いお月様があった。

今日の早朝には、見られなかったけれど、8時過ぎの西の空には

高い空に白いお月様が見られた。

異界でハルちゃんも見て居たかなあ。

そんな感傷に浸っていたら遠い街の園芸好きなお友達から

凄ーーいお野菜が届いた。

DSC_1706

 

 

 

 

 

 

 

 

義母も畠が大好きだった。

私は嫌いだった、。なのによく手伝わされた。(‘_’)

義母との諍いは多々あったけれども

心底では大好きだったのかもしれない。

だって

気が付くと義母と同じことしているんだもの・・(#^.^#)

ホウレンソウが好きだったから、送られたオウレンソウをゆでて

仏前に備えた。。。なんとなくハルちゃんの笑顔が浮かんできたわ。

命日」への6件のフィードバック

  1. まぁちゃさん。お姑さんと暮らしてたのね。
    すご~い・・・・私には死ぬほど怖かったおしゅうとめさん、でしたが、「アンタは正直で飾らん人や」と、言ってくれた一言で、今は懐かしい・・・
    まぁちゃん一杯しんどい事があって、私なんか何も出来ないけれど、時々、詩とか読ませてもらっています。

  2. むっちゃんこんばんは
    ハルちゃんはとても気性の荒い人でした、
    でも憎めない人でした。
    ハルちゃんがいたから役所へ勤務して
    今は年金暮らしできてる‥
    ある意味感謝しなければ・・なんですよね(#^.^#)
    むっちゃんもたいへんなこと乗り越えてきている
    だから苦しみ伝わるそう思っているんです。
    詩・・最近書かなくなってしまって。。(‘_’)(#^.^#)

  3. まあちゃさん おはようございます。

    義母と34年も暮らしたのですか、おかげで勤めることもできたのですね。
    気の強い方っだたのでしょうね。
    いろいろあったでしょうが、今は思い出として残しましょう。

    • 寝拓郎さんこんばんは
      機は強かったけれど
      優しさはその倍有りました(#^.^#)

  4. こんにちは。
    私の母の命日は、先日の24日でした。
    亡くなったのが、平成4年でしたからもう大分経ちますが、つい最近にさえ思えたりします。
    今朝、何とその母が夢で浴衣を着てでてきました、不思議に若いときの母でしたが花を見て立っていました。
    今はそれしか思い出せませんが、そこだけは覚えています。
    最近,仏壇の母の写真を、取り替えました。
    整理した時に出てきた,二人で谷川だけの天神平で撮った、若い母のものと取り替たのです、そういえば、夢での母も、その頃の若くて綺麗な母でした。

  5. kimiさんこんばんは
    あぁ確かその日を聴いたことがあるような気がしました、
    きっと若い時の写真に変えてもらったことが
    凄い嬉しくて「ありがとう」言いたくて現れたのでしょうね

    私は
    脳下垂体腺腫の手術をするときに
    不安で不安で。。
    そんな時に、実母と義母の幻影を
    リビングで見ました

    不思議なことってありますねえ

コメントは受け付けていません。