雨雨雨

up200335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう二日も雨が降り続いている。

渇ききった空にお湿りが欲しいよーーと言っていたのに

いざ雨が降り始めたら、なんか心閉ざしてしまって

心うつ鬱々になってしまう。

昨日、山里の家に居た頃のご近所さんに街角で出会ったの。

訃報を聞かされたの。

主人と同級生だった人が相次いで二人逝去したとか…

あぁ、去年の夏のお盆様の時に逢ったのに・・

一人の人は起きてこないからと二階の部屋に行ったら

もう冷たくなっていたとか‥‥

驚いたろうなあY江さんは。相思相愛で結ばれたお二人だった。

心臓が悪い聴いていたけれど、こんなにあっけなく逝ってしまうなんて。

電話をしてお悔やみを言いたいけれどなんかできなくて。

雨の空ばかり見上げている私。

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一人の人は、34年前に灯篭の下敷きになって

下半身不随の車いす生活だつた。

あ~なんか寂しいなあ…訃報を主人に伝えたら。

絵を描いていた手が止まって「えーー」と言い俯いてしまった。

一緒に新婚時代を過ごしてきた人の逝去はとってもとっても

寂しいよ…。雨だから余計に寂しい。

お悔やみの電話しなければ。。なんて言ったらいいのか

考えてから電話しようか・・・。

雨雨雨」への12件のフィードバック

  1. 長く生きている人たちだって
    仏界からの申しつけなんだと思っています。
    そして
    長く生きてる方々の使命は、
    この世の修行を終えて
    旅たつ方々を見送ってあげることが
    仏界からの定められた使命なのかなと思うんです私!
    私は最近そんなに思うんですよ!
    私だって
    この世の修行が終われば
    お迎えが来るのと思いますが
    まだ修行が少し足らんのかな私!?
    でもね
    ときどき
    お迎えの誘いを受けることがある私・・、
    私は覚悟を決めてその掟に従うのみ
    そして
    初七日 (不動明王) 二七日 (釈迦如来) 三七日 (文珠菩薩)
    四七日 (普賢菩薩) 五七日 (地蔵菩薩) 六七日 (弥勒菩薩)
    七七日 (薬師如来)達の49日の裁きを受けてそれぞれ度々の岐路を天国(仏界では極楽)へ導かれるようにと今は自身ぼろぼろの身になっても修行の身なれど日々を上を向いて歩く私。
    旅たった方々へ手を合わす私、
    少しだけ縁がある方へは気が付いた時点で線香一箱もって伺ってきます。
    電話で済むようであれば、
    その方の立場に身を置けば 自ずとその方への言葉が話せるのではないでしょうか!
    私はそんなように思っています。
    (また〇×△のようなコメントで御免なさい)

    • どんぐりさんこんばんは。
      優しい想いをありがとうございます。
      そう、何時お迎えが来てもいい年になりつつあるんだと
      つくづく思いました、
      十数回の大きな手術を繰り返してきた私は
      「今度は‥」なんて思ったこともたびたび・・
      でもこうして生きている「生かされている」そう思いました、
      初七日から七七日まで仏様を教えていただいてありがとうね
      仏の名前を見るとほっと心が和みます。
      ただ、
      彼女が最愛の夫と最後の時を言葉交わさずに逝かれてしまったこと思うと
      とても切なくなって言葉がなくなってしまったんです。
      でも、彼女と接すればおのずと言葉出てくるかと・・
      どんぐりさんたくさんの言葉をありがとうね。

  2. こうゆう鬱陶しい雨の日は、まったくめいります。
    何しろ圧迫骨折の上に、両奥歯、根元から折れたり、縦に裂けたりだったりの,歯医者さんなんですから。
    でも、
    裂けていた歯は案外痛くも無く半分取り除き、薬を詰めて白いセメントみたいな物を塗ってくれました。
    まぁ思っていたよりも,痛くも無く,収めていただきました。案ずるより・・・でした。

    お友達の訃報は辛いですよね,

    長いお付き合いの友達との会話で、
    もう私たちは孫も大きくなったし,やってあげなければいけないことも,無くなって、後は好きなことをしているのでいつ死んでもいいのかな~。って話しました、
    あまいのかな~。

    • kimiさんこんばんは。
      あららららあとからあとから大変。
      体の変調は続いてしまうことあるんですよね
      でもも歯もたいしたことなくて良かったですねえ
      圧迫骨折は本当に大事にしてくださいね
      主人のように歩行が困難になったら大変だものね。

      訃報は辛かったですよ、
      自分の身に降りかかったようで心が重くなってしまったんです。
      私は孫がいないけれど、体も言葉も不自由な主人を
      置いて先に逝けないから必死なんですよね
      今は、主人より一日でもいいから長く生かせてくださいと
      祈ってるんです。kimiさんもほんと無理しないでくださいね

  3. まあちゃさん、こんばんは。

    人間て勝手だよねぇ。
    晴れだの雨だの、暑いの寒いの・・・って。

    ご主人の同級生がお二人も・・寂しいね。
    そのお家の方が少し落ち着いた頃にお慰めのお電話差し上げればいいのでは。
    ご主人も絵を描いてる手が止まるほどショックだったんだろうね。
    悔いのない人生なんて無いんだろうけど日々を大切に生きれば
    私はそれで良いと思っています。
    ただ主人を独り残しては逝けないから、それだけを願うばかりです。
    ごめんね、変なこと書いちゃって。

  4. 讃岐っ子さん久しぶり(#^.^#)
    私笑っているけど姿が見えて嬉しかったんだよ、

    そうなのよ、昨年の11月と今年の1月に逝ってしまわれたと…。
    そうよね
    お彼岸の頃にお墓参りに行ったときに寄ってみるね
    でもその前に電話をしてみるわ。
    讃岐っ子さんの言うとおりだわ。
    悔いのない人生なんてないよねえ。
    今は一日一日を大切に生きたいと思ってるの、

    ↑のkimiさんにも書いたけれど、
    障害のある夫を遺しては逝くことできないものね
    お互い夫を見送る努力して生きていこうね。
    良い事書いてくれてありがとうね。

  5. おはようございます。

    今のまあちゃさんの気持ちよくわかります。
    近場の友人でも今は新聞に出さないし、家族葬が多くなりわからないですね。
    自分は友人の奥さんにいつも絵手紙だしてます。ご主人の分も、頑張って
    欲しいです。まあちゃさんも頑張ってくださいね。

    • 私の町の市広報にも載らなくなりました、
      時が経って聞くと寂しさひとしおになります。
      絵手紙はいいですねえ

  6. おはようございます。

    長い・短いの違いはあっても、誰しも死は通る道です。
    何かで読みましたが「死は断る事の出来ない訪問者」。
    まあちゃさんの思いは届いていますよ。

    • 産まれたときに
      何時までのり命って決められているような気がするのよね
      何でかなあそんな気がするの。
      ホント断れない訪問者よね。

  7. 悲しいね。
    私も感じることがります。
    このままかなぁって。
    終わりかなぁ・・
    誰にもあるよね。

    • aikoさんおはよう。
      ここへ来てくれてありがとうね
      親しいお友達が逝ってしまうのは
      寂しいし‥怖いよね・・・。
      もう一度逢いたかったよ。

コメントは受け付けていません。