古い日記

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      雨の中紫陽花ホロホロ咲き乱れ

 

弟から電話があった。いろいろと片付けているんだよと

昔の物、母ちゃんや父ちゃんや、28歳で亡くなった兄の物やら

如何したらよいか。「いらなーーい」とすぐに捨てられないという

姉と弟と私の三人で、

在りし日をしのびながら処分したいのだという

我がやへ集まって写真やら本やらお菓子屋のビラとか布の看板とか。

捨てがたいけれど処分処分。

すると、弟が汚い箱を持ち出した。

箱は薄黒くなっていて『花王石鹸」と右から左へと書かれていた。

すごーーい( ゚Д゚) ゛「何この箱は」?(#^.^#)

母の女学校時代のお手紙とか・・・。

色々なモノが入っていた

黒ずんで今にも壊れそうな箱。

母の宝物の箱だったのだろうな、

私が生まれ育ったあの家の何処にこの箱は眠っていたのだろう

多分、今はもうない生家のあの8畳のあの部屋の

あの富山の薬の箱などあったあの棚の奥かもしれない。

母はきっと、いつか私たちがこの箱を開けて

「ええーーー母ちゃん凄ーーーい」と

言わせたかったのだろうな

戯好きの母らしい。

DSC_1974 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20歳の時の日記帳は、1月1日から12月31日まで

流麗な文字で書き連ねていた。

表紙は薄黒くページをめくると破けそうで・・・。

日記の中で、20歳の母は、

笑ったり怒ったり悲しんだり嘆いたりしていて

その時々の母の感情が手に取るように伝わってきた。

お裁縫の事とか、お友達とケンカしたこととか

眠いとか、かったるいとか寝坊したとか、バスに乗って楽しかったとか、

素直で可愛い優しい若い若い母が居た。

これは、私がしばらく預かってワタシが処分すると言い

今、手元にある。

私の傍に若い若い母がしばらくいる。

古い日記」への10件のフィードバック

  1. なんか読んでいて目頭が熱くなりました。
    おかあさんの密かな企みを感じました。
    「やっと気が付いたのね」って天国で言っているかもしれませんね。
    綺麗な文字ですねえ。

    • 秋さんこんにちは
      なんかね母らしいなあって少し泣いちゃいました、
      大事にしていきますね。

  2. おはようございます。
    すごいのが出てきましたね、処分は出来ないでしょう。
    誰も知らない若い時の母親は。
    まあちゃさんの大切な宝物です、大切に保管してください。

    • 少しの間。手元に置きますね。
      断捨離はしなければと思っています、(#^.^#)

  3. まあちゃさん、おはようございます(^^♪

    お母さんの大切な大切な想い出の宝箱ですねぇ。
    素晴らしいお話を読ませてもらってジーンときました。
    ずっと大事に持ってて欲しいわ。
    そう言えば私、母の想い出の形見を何も持ってないわ。
    生家も建て変わり唯一兄嫁さんが居るだけ、寂しいね。
    でも今が幸せだから良いことにするね。

    • 讃岐っ子さんこんにちは。
      色々あるけれど心の中にの中にたくさんの「想い出」があるから
      良しとしましょうよん、(#^.^#)

      今がいい。。それが一番幸せなことよねえ

  4. まあちゃさん、私の父もそして舅父も日記をつけ続けていました。
    いちぶ私が預かって、まだとってあり、時々読んだりしてます。
    捨てられないですよね。中々・・私も小学校6年の頃から一言日記や
    長ーい不平不満を書いた日記やらをつけて居ますが人には見せられないかな?何しろ文句が多い私なんで・・特に夫さんの・・駄目な私ですね^^; 

    • mituruさんこんばんは
      コメントありがとうね。
      そうなんだ、やっぱり連れているのね
      日記っても自分だけの物って思っていても
      何処かて「読んでほしい」なんて思いがあるよね。

      私も
      いろいろいろいろへだらもないことかいてます。(#^.^#)

  5. おかぁさんの(日記)読ませていただきました。宝と同時に歴史ですね、
    私も結婚してからの妻の子育て日記が出てきて私の宝です。
    私の日記帖もある、
    仕事の事。妻の子育て奮闘の事等々私ら一代の記録、処分は?お棺に
    納棺してもらおう。
    今日は妻の90才の記念日、手をさすりに行ってきたが、
    ただ微笑むだけの妻の無表情、
    5年の入院生活、もうがんばったから~~~と心で言うのです。
    思い出の詰まったまあちゃさんのおかぁさんの日記帖。宝ですよね。
    思い出が家の中に詰まったわが家、色々考えますね。

  6. ハニーさんおはようございます。
    日記って忘れていた子思い出させてくれますよね
    母の子育て奮闘記もありました、
    優しい奥様の筆致はきっと素晴らしい奮闘記なのでしょうね
    人生を負の帰る年になったなあって
    最近、思うようになりました、

コメントは受け付けていません。