記念日(言葉の海)

maacha1

 

積もりたる心の憂い途切れなく

   雨音と共によみがえり来る。

 

 

1991年9月10日午前5時30分ころ

ドスンと言う音で目覚めた。

三か月前に腹部をŁ字型に切った手術痕が痛いから

低気圧が近づいているんだなあ・・・。と思いながら・・

 

こんな書き出しで夫の闘病記を書いたことがあった。

50歳で倒れた夫。

右半身の機能を失い言葉を失い28年経った、

記念日なんて言いたくないけれどやはり・記念日なのかな?

あの日から私たちの戦いが始まったんだ。

失った言葉は目の前に海のように広がっていた。

いや、今も広がっているなあ。

ふたりで言葉探しに言葉の海へ漕ぎ出したけれど少しだけ

失った言葉の欠片を掬うことができたみたい・・そんな気もする。

 

SONY DSC

SONY DSC

 

倒れた頃。カレンダーを見つめながら

言葉が出なくとも「いつ治る」?と訊いてきた。

だから「五年かなあ」しばらくするとまた訊く。

私は「五年かなあ」と応える。背中を向けて涙流したあの日々。

そのうち夫は「治る?」とは訊かなくなった。

28年と言う月日は何だったんだろう。闘いの日々それだけだ。

息子が8月に50歳になった。

『あぁこんな若く倒れたんだ」と改めて感じた。

息子たちも何かを感じたみたいだ。

私が年を重ね両親の亡くなった年になってきた今

両親の「想い」が分かるよう息子たちも何かを感じたはず。

今は

静かに絵を描きながら。囲碁の本を見ながら日々を過ごしている夫。

穏やかな心が憎らしいくらいに笑顔がいい。

052

 

色々なことに心を砕きながら過ごす私と大違い

でもねそれでいいんだよ、

病気も難事もすべて私が引き受けるそれでいい。

言葉を失った夫が大病になったらそれこそ大変だ。

後、何年ここに居るのか指折り数えるようになったけれど

「お父ちゃん100まで生きよう」と言ってるんです(#^.^#)

記念日(言葉の海)」への14件のフィードバック

  1. まあちゃこんにちは
    そうか。もう28年経つんですねえ。
    頑張りぬいた28年だったんですねえ
    ご主人の笑顔の素敵なこと。こんな笑顔でいてくれるから
    頑張れるんでしょうね。
    きっと100まで生き抜いてくださいね。

    • 秋さんこんばんは
      そう、28年です。10年ひと昔だから
      三昔経ってしまいます
      色々と悔しがったり情けなかったりしましたか
      ふたりで乗り越えたんだなって思うんです
      あの笑顔に癒されて頑張ってまーーす。(#^.^#)

  2. 優しい笑顔で素敵なご主人・・(^^♪
    二十八年ですか・・・・

    貴女は観音様です。
    貴女やご子息さんに囲まれて、安心してお過ごしのご主人なんですね。

    お描きになる絵はどれも素晴らしい。
    その絵の中の貴女の姿には、ご主人の貴女に対する愛情をしっかり
    感じます。

    愛情一杯のご夫婦でどうぞ今を生きていってくださいね。

    • らべさんこんばんは、
      ここへ来ていた代ありがとうございます、
      そんなに褒められたら穴を探したくなります

      絵の中に愛情。・・・。私もそれを感じるんです
      言葉で話せない分絵で表している
      そう思っているんです

      らべさんの勘は鋭いですね(#^.^#)
      上の絵の赤い服は私です♪

  3. まあちゃん こんばんわ~
    読ませて頂きましたよ~
    素晴らしい笑顔のご主人さま、
    なんとなくまあちゃんの辛さが判るようです。

    これからも息子さんと共々~
    頑張って歩いて欲しいです
    ちょとだけ泣けて来ましたよ~

    あたしも苦労したから判ります。
    でも、まあちゃんは強いです、私は弱かった~
    読ませてありがとう~^^

    • ひーちゃんこんばんは、
      辛さを乗り越えているから伝わるものって
      ありますよね
      ひーちゃなの苦労や寂しさは私にも伝わってきています。
      わたし・・強く無いのよ。泣き虫だしね。

      100まで生きるからね。ヽ(^o^)丿

  4. おはようございます。
    9月10日で28年ですか、自分は11日で18年です。
    ご主人は感謝の気持ちを絵で表現してますね、素晴らしいです。
    自分はしゃべれます、11日事故した日だね、と言っても反応がないです。
    辛かったのでしょうね、思い出したくないのかな。
    お互い頑張りましょう。

    • 奥様は思い出したくないのかもしれないけれと
      頑張った日々を二人で振り替えられる日が切ってあると思います、
      いつもいつも寝拓郎さんの傍にいてくれる
      それを感謝しているんですよねえ
      ふたりで頑張っていること感じています。(#^.^#)

  5. おはようございます。

    発症が28年前の9月10日ですか。
    この日から、まったく生き方が変わったのですよね。
    第2の誕生日です。

    一口に28年と簡単ですが、どれほどご苦労や難儀な事があった事か。
    つい自分と重ね合わせてしまいます。
    いつも まあちゃさんが傍にいるからご主人も安心ですよ。
    お顔を見れば分かります。

    • 生き方が変わった・・・・
      ホントそうですよねえまったく変わってしまいました。
      倒れなかったら、こんなに寄り添えなかったかもしれません。
      こんなに尽くす自分が不思議です。
      だって。「別れようかな」なんて考えてた時期も
      あったんですものね。(^_^.)
      ごんパパさんとは分かち合えること多いと思うわ。

      あの笑顔を見ていると
      ついつい文句も言えず頑張っちゃってます(#^.^#)

  6. 今晩は。

    介護する側・される側のどちらの気持ちも分かりますよ。

    まあちゃさんの気持ちはよく分かりますよ。
    時々、へそ曲がりになったり云ったりするけどね。

    • こんばんは
      ごんパパさんの
      おへそ曲がりもよーーーーーーーーーくわかります(#^.^#)
      曲げたくなっちゃうものねエ

  7. こんばんは、まあちゃさんとお知り合いになって、ご主人の病気の事を
    聞き、そして分厚い闘病記の記録(プリント)を読ませていただき、
    ご苦労された記事を鮮明に思い出しています。大事に保管してます。
    ご主人ともお会いし、津屋崎の海岸を歩いたことが鮮明に思い出されます。
    そして、棚田えの撮影行、空港でお会いした時すでに知人をお迎えするような思いでした。温厚なお顔に微笑み、言葉が交わせないのがさみしかった。
    サザンさんの運転で棚田へ、そして宿舎に泊まり語った事等々
    記憶に鮮明です。最近ご無沙汰しています、私も入院していました。
    89才スーパーばぁちゃんに負けました。色々思いだします。
    胸にしっかり保管しています。どうぞお体お大事に、
    ご主人様にもよろしくお伝え下さい。

    • ハニーさんこんばんは
      懐かしいですよねえあの九州行き。
      あの頃はどんどんどんどん動けました。
      あの棚田せそして海岸の美しかったこと
      藍染のお店の綺麗だたこと
      吊るした烏賊が風に揺れていたこと

      優しい優しい奥様と美味しいお寿司をいただいた事
      余りに懐かしく涙出てきました、
      お会いしたいですねえ、主人の歩行は儘ならないけれど
      きっと旅に連れ出します、

      闘病記が見られなくなってしまいました。。
      お持ちになっていただいているなんて凄い嬉しいです、
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。