たいふう

台風19号が近づいてきたときに

「命を守ってください」と何度も何度もテレビから流れていた。

物凄い台風だと思って、ベランダを綺麗に片づけた

其れしかやることがなかったから、

マンションは頑丈で安心と言われていても

何が起きるかわからないから凄い不安だった

 

市街地は何も被害はなかったけれど山間部は土砂崩れがあり

かなりな被害が遭ったけれど

甚大な被害はなかったこと感謝の一言だ。

 

なのになのに、なんという被災が遭ったことか。

あんなに河が何本も氾濫するなど想像だにしなかった。

亡くなられた方の数値がどんどん上がっていく。

哀しい別れをした話を耳にすると涙があふれてくる。

車いすの方は

寝たきりの方は

歩行困難な方は

視力障碍の方は

どんなふうに身を守ったのだろう。

愛する人が目の前で命を失う。

辛い哀しい切ないなんて言葉では

表しきれないふかいふかい痛みだと思う。

夫と話した、

もしもまた台風が来たら補装具つけて靴を履いて

洋服着たまま寝ようねって・・・・。

もしも私たちがあの濁流の中にいたら。

覚悟しなければならないと思った、

 

今は手を合わせてご冥福を祈り

一日も早い復興を願うことしかできない。

もどかしい

今時点で亡くなられた方は77名。

どうかどうか

いちにちもはやくたましいがたかいたかいところへのぼって

やすらかにじょうぶつしてほしい。

 

これは私の記憶の記録です。

たいふう」への8件のフィードバック

  1. おひさしぶりです。
    少し元気で過ごしているような感じがします。
    今回の台風19号の爪痕は悲しい爪痕遺しましたよね。
    私も、同じような想いでいます。
    元気出してね。

  2. 秋さんこんばんは
    余りの災害の大きさに胸が痛みます。
    明日は我が身をとても感じました。

  3. 『命を守ってください』と何度もテレビで聞きましたが、
    なにか、無責任な捨て台詞だとも思われます。
    確かに御もっともですが、国はもっと弱者にも安心できる町や国にしてもらいたいと思うのです、安心できるよう、河川の整備を早く進めてもらいたいものです。
    整備と言っても簡単な話ではないのはわかりますが、50年に一度とかいう災害がひと月ぐらいの間に2回も来たりしてしまうこの頃ですから、国は真剣に考えてもらいたいものです。
    そう云う私も。近くの息子のマンションに避難いたしました。

    • kimiさんこんにちは
      川崎は大変なことになっていたところもあったので
      心配してました、息子さんの所への非難は正解ですよねえ
      あまりにも酷い惨状にただただ驚くばかりで。
      国は変わりつつある気象を考慮して
      対策を前もってやっていってほしいですよね

  4. おはようございます。
    たすうの犠牲者 ご冥福をお祈りいたします。
    今回は河川の支流の氾濫ですね、本流より支流への逆流です。
    河川の構造の問題ですね。国は消費税うんぬん言ってるより、やるべきことが
    沢山ありますね、悔しいです。

    • 今回の台風で命を落とされた方々の事を思うと
      何もなく過ごせていた自分が申し訳ない思いです
      ほんと自然災害に対しての対策に力を入れてほしいです
      ほんと悔しいです

  5. まったく・・何処に居たら絶対安全かなんて
    分からないですね。怖いです–; 海は勿論
    川の傍は氾濫が怖いし高台だって山崩れが心配
    高層マンションだって停電、断水があると大変だし
    いったいどこへ逃げたら良いの??と。
    また台風20号発生とか・・皆様の安全を願うのみです。

    • mituruさんの所は海辺へ一分と聴いていたので
      避難したかなあととても気になっていました、
      避難されていたとわかってほっとしてました。
      何処にいても何をしていても災害から身を守ることつて
      難しいんでしょうね。
      マンションも安全とは言いきれませんよね


      大きなポリタンク三個にお水とっておきました
      ほんと祈ることしかできないけれど
      祈りは通じるよね

コメントは受け付けていません。