お施餓鬼

墓地への坂道をあえぎあえぎ登る

心臓の鼓動が全身に波打つように聞こえる

暑い暑いと必死で歩いて汗みどろで山の墓地へついて

丁寧に草を抜く、静かな墓地でセミの鳴き声しか聞こえない。

墓地が綺麗になって、見上げた空の蒼かったこと。。

いちじんの風が吹いて一息つくと、塔婆がカタッと揺れた、

ご先祖様のお返事かなあ・・・

あの頃私はとても元気だつた、

山里の家に居た頃のあの坂道を私は登って行けたのだ。ああ懐かしいなあ。

今年は息子が一人で行って草むしりをしてくれた

行きたかったけれどダメだった。

8月16日は、お坊様が無住職の山のお寺に来てお経を唱える

これを「お施餓鬼」という。

檀家の私たちは一堂に集まって先祖供養して

お塔婆をいただいてお墓に備えていた。

今年は。コロナ禍で本堂での塔婆の手渡し・・・

このことも息子が行ってくれた、これからは毎年そうなるのだろう。

一つ一つ、やっていたことが手元から離れていくのは

寂しいけれど体力がついて行かないから仕方ないな、

お盆様の時期は、あの世とこの世の境があいまいになって

ご先祖様たちは、我が家へ帰って来られるのだ

ご先祖様に会えるこの四日間、ご先祖様が傍らにいるせいなのか

いつもより体調が良くて、ハシハシ動けた(#^.^#)

ご先祖様に、ちかちゃんに啓介の事祈り続けた。、

これから。どうなっていくのか、不安はいっぱいあるけれ

成る様にしかならない。。

ああなるはずだったことは、こうなってしまった。

人生脚本は思い通りに行かないとつくづく思ったよ。

堪らなく胸が痛むけれど元気出さなくちゃね。

お施餓鬼」への6件のフィードバック

  1. まあちゃさん おはようございます。

    墓地があると言う事は本家ですね。
    自分は次男ですから、兄貴は墓地が山の上にあるので、行くのが大変だから、
    お寺さんにあるコインロッカーみたいなお墓の代わりかな、上に仏壇があり下が納骨するとこです、大・中があり中で100万円で全部管理してくれます。最後の人が無くなって30年はそのままでそれからは永代供養塔へまつるそうです。
    墓地は市に返し、整理しました。
    自分は生前墓地作りました、息子に迷惑かけたくないので。
    最近は兄貴のようなやり方が増えてます。
    お参りするのは楽ですね、良いか悪いかはわかりませんが、先祖を祭ることには変わりないから、15日にお参りしました。

    お墓行かなくても仏壇で十分拝んでおけば、息子さんも良くなりますよ。

    • 寝拓郎さんこんにちは。
      今はもいろいろなお墓の形がありますよねえ
      でもどうしてもコインロッカーのような所は
      駄目ですねえ
      お墓の維持も考え時に来たみたいです。
      我が家の墓地もお山です。
      幸い一番下なので助かっています、(#^.^#)

  2. 今年はとうとうご先祖様のお墓参りは叶いませんでした。
    我が家にはまだ仏様がいないのでお墓はありません。
    まだまだ先の事だと考え、墓地の事は先延ばしして来ましたが、今回の出来事で急に身近に感じています。
    今迄は自分が先に逝くと決め込んでいたので、残って呉れた人が決めて呉れるだろうと呑気に考えていました。
    今迄は最近流行の樹木葬も良いかな?とも考えていましたが、息子とも相談して分譲墓地を買う事にきめました。
    考えたくはありませんが、自分が残った場合先に逝ってしまった人を偲ぶ場所が欲しいと考えたからです。
    やっぱりお墓は心の故郷になりますね・・・・

    • 恒星さんこんばんは、コメントありがとうございます。
      お墓参りに行かれなかったのですか?
      この猛暑ですものねえ、ご先祖様も「しょうがないよ」って
      思っていただけていると思います。
      奥様が無事に手術終えられて退院され良かったですね。

      私は障害のある主人を置いて先に逝くわけにいかないので
      生きることに必死なんです(#^.^#)
      生かされているのでしょうね。
      なんかヨワッピーなので先に逝きそうですが
      頑張ってるんです。
      どちらが先に逝くかは神のみぞ知る・・ですよね

      「お墓は心の故郷」 素敵な言葉ですね。

       同感です。ホントそうですよね。

      遺された時間は少なくなってしまったけれど
      夫婦仲良く日々を送っていきたいです。

      ただ次男の事、主人は今一つ分からない部分があって
      悲しみを分かち合えないことが
      今一番辛く哀しいことです。でも日々笑顔でいます、

      猛暑乗り切りましょうね。私頑張ります

  3. 長い梅雨が終わったら、今度は長い猛暑ですね。
    私はお盆前に、お寺の維持費を来年分まで遅らさせていただき、
    何と山登りをしていたのですから、罰が当たるかもです。
    でも出かける際は(おばあちゃん(母ですが)行って来ます)と無事を頼みます。
    お寺は浅草なので、少し落ちついてから、お参りにと思っています。

    • kimiさんお帰りなさいご無事で何よりです

      お母様はkimiさんを見守ってくれています。
      罰が当たるはずないですよ、

      私もお彼岸にはお墓参りするつもりです(#^.^#)
      登山の写真楽しみに待ってます

コメントは受け付けていません。