川が

 

時計は午後4時を回ってしまいました。、

今日は爽やかな風が家の中を走り回っています。

このパソコンの机から右へ目を転じると、

深い緑の木々が目に入ります。

もうチョット目線をあげると、杉の山が見られるのです。

そして、目を落とすと、

山からの小さな川が庭の端を流れています。

川と言うよりは・・・沢と言ったほうがいいかもしれませんね。

庭の一番左端には、2メートルほどの滝がザァーザァーと

音を立てて落ちています。

すごーーーい素的。と思われるでしょうね。

そう、とても素的な閑静な所でまあちゃの家族は

日常を送っているのです。

ところが・・・

最近は、蛍も飛び交いません。

以前は今頃、沢の水面を蛍がボーット淡い光を放って

飛び交っていたのですけどね。。

沢蟹も石を退かすとチョロチョロと現れたものでした。

今は、あまり見かけません。

先日、真っ黒な沢蟹を見つけました。本当に真っ黒なのですよ。

その前は、半分黒くて、半分茶色の蟹さんでしたけど。

沢の水も石がところどころ黒く変色しているのです。

原因は、上流にできたゴルフ場での芝の消毒液の汚染のようです。

あの真っ黒な蟹さんは、・・・・・

自分が黒く変異に生まれた事を自覚しているのかしら。

本来は赤茶の綺麗な体である・・・。と言う事を。

知っているのでしょうかしらね。

 

2001.07.07