8月4日蝶々がいた

 

朝、車から降りて。ふと、左を見たら。

山椒の枝にアゲハ蝶が、

羽をピッタリ閉じて座っていました。

「あっチョウチョウ・・・

お願い・・・逃げないで・・・そのままいてね。」

家の中に駆け込んで、α-7を片手に・・・いそいそと。

幸いマクロレンズついているぞ。と思いながら、

蝶の傍へ戻ると

さっきと同じ体勢で、枝にそっと座っていてくれたのです。

「いいこ、いいこ、待っていてくれたのね」といいながら。

レンズを近づけてパシヤリパシャリと撮るのだけれど、

蝶さんはピクリとも動かないのです。

こんなに近づいたら、

普通は飛んでいってしまうのだろうに。

あまりじっとしているので…よせばいいのに・・

蝶さんのお腹を??    チョンチョッとつついたら、

徐にゆ〜〜〜っくりと・・ふわあああああっと。

羽を開いていったのです。

「あっ開いた・・」パシャリと一枚。

もう一枚。それにしても、元気ないなあ。

どうしたのだろうと。

もう一度・・・チョンちょんをやってしまった。

そしたら、そしたら

ふわ〜〜〜り・・・ふわ〜りと。 

なんとも頼りなげに、

枝を離れて空へ舞っていってしまったのです。

よく見たら蝶が去っていった、枝先には、

 

ぽつんと・・小さな抜け殻がありました。

 

 

2001.08.04