11月某日

愛犬のパータ君が

 

 

急にね。愛犬のパータ君が「おかあさあん」って言いました。

えっと思ったでしょ・・・でも、

我が家のパータ君8歳は、私を

時々「おかあさあん」って言って 鳴きます。

ワンチャンの鳴き声でも、

時として、「おかあさああああん」って聴こえるのよ。

そうそう・・・「おかあさあん」って言った後に・・・・。

何回も何回も

クシュクシュクシュクシュクッシューーーン って 

くしゃみをしたの。

「えっどうしたの いつものくしゃみじゃないねえ     

花粉症かなあ」と言いながら、

抱きあげたら、口が曲がっているのです。

あまりに 体を大きく波打たせて 

くしゃみするので、毛並みが

クチャンクチャンになってしまったみたいでした。

「あら・・口がまがってしまったね」と言いながら 

口元の毛並みをそろえようとしたらね、

またまた クシュン クシュン クシュン クシュン

数えたら続けて8回 これは苦しそうと思って、

「どうしたのう」と言いながら 

鼻に触ろうとしたら顔をそむけて 

鼻を触らせないのです。

【うん・・これは鼻をどうかしたな】 と思って、

嫌がるパータを押さえつけて

鼻を触ったらあったかかった変だなあと思ったのです。

いつもは黒く湿って冷たいのにねなんか生暖かい・・・。

何かで鼻先を痛めた様だったのです。

そして、キョロキョロ部屋を見回したら、 

パネルヒーターの傍に

いつも遊んでいるボールがありました。

そういえば。さっきボールを追いかけていたな・・・。

どうも、ボールを追い掛け回して 

勢いあまってパネ ルヒーターに 

ぶっついてしまったみたいでした。

鼻なのでお薬をつけるわけにもいかないので、

「馬鹿ねえ気をつけなさい」・・・と

言うしかありませんでした。

よほど ヒリヒリするのか、

私の膝から降りようとしませんでした。

「お〜よしよし痛いの痛いの飛んでいけえ」・・・。

そのあとも何回も何回も

くしょん くしょん くしよんをしてました。

何回も何回もくしゃみが 出るのは 

苦しいのだろうなとおもいながら、

背中を摩ってあげることしか出来ませんでした。

もし、言葉が話せたら、痛いよ 熱いよ 苦しいよ」って

訴えられるのにな。

言葉を持たない代わりに 体中で辛さを訴えたのですね。

それからは、パネルヒーターを避けて 遊んでいます。