退院して

 

白い壁の中で

男も女も

老いも 若きも 赤子さえも

生きていくために 

そして

生き抜きたくて 生き抜きたくて

ベッドの上で

それぞれの病を抱き

微笑みながら

しのび泣きながら

しかめっ面しながら

物思いの耽りながら

辛苦を乗り越えようとしていた

 

それぞれの時間が

それぞれの人の ベッドの上を

静かに流れていて・・・

やがて

癒されて

家路に着く

 

そのまま・・・・・・の人もいた。

 

生にたいする執着

それを

まざまざと見せられた12日間

 

生 老 病 死の言葉がある

でも

病だけは

追い払うことができるね

そうよね・・追い払えるよね

 

たった一度の

 一度きりの 生だもの  

生きすぎてしまったと

思うくらい

生きていこうと・・・・。

今のこの気持ちをだいて

歩んでいけたらと思ったのです..........

 

 


2002.05.18