怖いトンネル

 

チョット出かけてみようか・・

秩父のずっと先の「雁坂トンネル」まで行ってみようか。

トンネルは、怖いから、トンネルの手前まで行って帰ってこよう。

くぐらなければいいもの・・・・なんて想いながら、二人で出かけたのです。

やっぱり、秩父へ行く途中の「正丸トンネル」は、ドッキンコドッキンコ。

 

一路、西へ西へと走行。

右・・雁坂。左・・三峰の標識がでてきた。

それを見たとたん・・

「やっぱりトンネルはイャだあ」と言いながら、

ハンドルを左へ切ってしまった。

「ねっ雁坂はキャンセル三峰行こうね」

「うん」

「いいよね。また雁坂いくようにするからさ」

「うん」

そして・・・川沿いの道を走行していくと。。。。

看板が目に入った。。

なんと、

【トンネルまで二キロ】

ええ・・・そんなあ、何でトンネルがあるのう・・いゃだよう・・・

看板が出ているということは、特別なトンネルなのかなあ??

やだなあ・・・・。

チョットだけ、ドキドキしてきてしまった。

やがて。。右折するとトンネルの標識、右折するとすぐにトンネルらしい。

標識を見ると、トンネルの中が二股になっているみたいだ・・・

ええ、どうしよう・・・

やがて青になった、まあちゃの車は一番前・・・・。

右折したとたんに、目に入ったのは、狭い狭いトンネルだった。

心臓がバキューーーンといった。

まるで、坑道・・・。裸電球みたいなうすぐらいライトが点いて・・・。

「やだようーーこわいよう〜」なんて、大きな声で言ってしまった。

ズーーーーーーーット先のほうまで、細く長く続いている、

ああーー入るんじゃなかった。

さっき戻ればよかった。。あーーイャだ怖い怖い。

でも・・入って、まもなく左三峰・・・

「あっまっ曲がるのよね」なんて、ドモッテしまって。

でも、左折したとたんに、外の明るさが目に飛び込んできた。。

体中が、スーーーッとしていったのです。

三峰神社へは、いけたけれど、トンネルばかりが気になって、

写真なんて、撮るどころじゃなかったの。

 

でもね、あの坑道のような、

一方交通の狭い狭いトンネルを走行したおかげで、

怖かった「正丸トンネル」があまり怖くなくなったの。

いつもは、押し込められたような感じがしてしまって。。

とてもイャだったけれど、広く明るく感じたのです。

トンネル恐怖症・・解消されたのかなあ・・・なら、いいのだけれど。

2002.08.10