:

滝・・そして顔

 

まあちゃの家は、庭に沿って小さな沢が

やわらかい弧を描きながら、流れているのだけれど、

この沢は、まあちゃの庭にさしかかった所で

1.5メートル-ほど段差があるから、

滝iになっているのね。

「えっ滝・・いいねえ」なんて、思うでしょうね。

ところが、、大変なのよ。

滝のあるところへ降りるには、1.5メートルほどの高さを

飛び降りるか。。梯子をかけなければならないし、

大雨が降れば、小さいながらも、滝らしく、

「ドードードー」と、流れ落ちるし、

山で伐採された木の一部は引っかかるし。。

以前は、木が引っかかることはなかったのに 、  

上流に大きな施設ができてからは、

よく流されてくるのよ。

あの、酷暑の頃の台風のときに、

長さ  3メートル弱・・ 

太さ・・ そうね、30センチ位の木と

もう少し、細い二本の木が、

絡み合って、

滝を覆ってしまっていたのね。

その前の台風の時に、流れ落ちた木は、

沢をせき止めるように

岩と岩に挟まって、沢に横たわってしまって・・

細かな木々がみんな引っかかって。。。。

「どうにかしなくちゃ」と想いながらも、そのままにしていたの、

とても、どかすことなんて、できなかったわ、

滝は姿を隠してしまって。。

音だけがか「トートートー」って聞こえていたのね。

そしたら、ご近所のAさんが、

「あの材木、どかしてあげるよ」そう言って、

ロープやら、電動ノコやら使って、

取り除いてくれたのです。

久しぶりに滝が姿を現してくれたのね。

久しく、滝に見入ってなかったので、

カメラを持ち出して、

ファインダーから覗いたら。。。。。ドキッ!!

右側の岩が・・人の顔の見えたの。

「えっっなにあれ」一瞬、悪寒が走った。

パシャリはしたけれど、何年も何年も見ているのに、

人の顔に見えたことなんてなかったわ。

相当、お疲れさんなのかなあ・・と思ったのです。

でもね、画像掲示板に載せたら、

ねこまるさんが、

「唇の形もあるし、目もあるね」って言ったの。

そして・・・植木屋さんにも、

「あそこ、顔に見えるでしょ」って言ったら、

「あっ本当だ。。顔に見えますよう」だって・・・・。

自然の造形美・・・そう思えばいいって言うけれど。

なんかね・・チョットね・・ドキンコでした、

顔・・・見えますか・・??

写真をクリックすると 少し大きくなるから

みてみてね。。(*^。^*)

 

2002.11.25