チッョトいいこと

 

桜が咲くような気温だったり、

ブルブルと震えてしまうような寒さだったり、

このところ、季節にいいように、弄ばれているみたいね。

少しの風の気配や温度差の変化に

自分の中の、暖かさと冷たさが、微妙に交錯しあって

落ち込んだり、

ウキウキしたりして

普段見慣れている風景も、

違って見えてきてしまうのよね。

でもね、

クサクサしているときでも、チョットした出来事で

気分が180度変わるってこともあるよね。

 

医大へ行ったときに医療費の支払いを

10000円札で支払って、おつりをよくみないで、

お財布に入れてしまったのね。

そして

駐車料金を支払うために、

1000円札を取り出そうとしたら、

5000円札があったの。

「えっ5000円札はなかったはず」

あわてて、会計の窓口へ戻って

「おつりが多いようです」と言ったら、

係りの女性・・「えっ」と言って、

レジのペーパーをズルズルズルット

引き出して、幅の狭いレジペーパーを

三人で食い入るように覗き込んで、今度は、

ガバッとレジのお金を取り出して、サッサッと数えて

「私・・間違えました」と言ったのよ。

だから、まあちゃは3000円返したのです。

まあちゃの前の方が、2690円。

まあちゃは5690円だったのね。

係りの方は、前の人の金額をみて、

まあちゃにおつりを渡したみたいだった。

「ありがとうございます」って、三人に緒に頭を下げたのね。

ふふ・・いい気分(*^^)v

その日は、妙に気持ちが、ささくれ立っていたのだけれど、

なんとなく、気分が軽やかになっていったのです。

ホント

人って、心の生き物なのねえ。

 

2002.02.14