花・華

 

大きな物置を撤去して、もう二ヶ月

冬枯れの中に寒々とした庭がひろがっているの。

お花作りには興味がなかったけれど、

庭に出て、ここをお花でいっぱいにしようかな。。

そう、想い始めたのね。

この間

広くなった庭を見ていたら、、花いっぱいの光景が

浮んできて・・・

桜の散る光景まで浮んできたの・・・

今、桜を植えても、大木になる頃は。

まあちゃは、もうこの世に存在しないんだわ

でも、もし、孫ができたら孫の孫たちが

まあちゃばあちゃんが植えたんだよね・・

なんて、言ってくれるかもしれない。

息子は、まあちゃの命を継いだ、

孫は息子の命をついで行く・・

そして、孫の中にまあちゃの命も繋がれていく・・・

そうやって・・命が繋がれていくんだなあ・・なんて。

少しの植木のある、寒々とした庭に

はらはらと舞い散る桜を思い浮かべながら

そんなこと考えていたのね。

義母さん任せにしていた庭だけれど・・

これからは、まあちゃの庭にしていこう。

花いっぱいの庭にしよう

桜も植えよう。。。。

そうおもったの

 

そして、とりあえず

パンジーやら。都忘れやら、忘れな草などなど

買い込んで、プランターに植え始めたのね。

小さな花たちに言いました。

シッカリ咲いてね・・

ここでかわいくさいてね・・

手入れしていくからね・・・

なんて、声かけながら植えていったの。

どんな庭になっていくのでしょうね。

 

2003.02.26