雨の日に

 

とうとう雨が降り出してしまった。

花を植えることに勢いづいていたのに・・

柘植の木を移すはずだったのに。。。

今日は、お預けになってしまって

すっかり、予定が狂ってしまった。

他に、何を、してしまおうかなんて、思いつかなくて。。

ぼんやりと、落ちてくる雨を見ていたの。

そして、ふと思い出したのです。

 

ネットで知り合い、共に死を選んだ三人の若い人のことを

そんなに死に急ぎして・・・・どうして?

生きる手立ての全てが、

見えなくなってしまったのだろうな

ただ、死の安らぎそれしか見えなかったのだろうな。

ある人が言っていた。

自死寸前の人を見たとき

魂がなかった、虚空の一点を見つめ

ふわりふわり歩き、崖から姿が消えたと。。。

「死を決意したその時から、魂はもう存在しないんだよ」 と。

 

モニターで出会った瞬間から、三人の魂は

もうこの世にいなかったのかもしれない。

 

自分をを取り囲む全ての人に

哀しみ

憤り

やりきれなさ

何故??

消し去ることのできないシコリ

あらゆる辛苦

・・・・・・を残して逝ってしまった。

 

「ナニモシナナクテモイイノニ・・・」なんて

言えないし、言わない。

最初から、

きっと

ここまで、命を運びなさいといわれて

カレラハ生まれてきたのだろうから・・・・。

私は、後何年、命を運ばなければならないのだろう。

私は、後何年、命を運べるのだろう。

 

雨の日に弱いまあちやのひとり言です。

2003.03.01