朝、8時ピンポーン「おはようございますう」

「あっ便利屋さんだ」

まあちゃの家から十数分のところに住んでいる

便利やさん・・何を頼んでも、どんなに仕事がきつくても、

また、どんなに仕事が簡単でも、一日10000円・・・。

今日は、庭の木の移動をお願いしたのね。。

 

柘植の木を掘り起こしたら、ネッコは、石やら、

何かの根っこやらを絡めていて、なかなか、

穴から引きあげられなかったの。

「そっち持っててください」・・と言われたので、

しがみつくように柘植の木を持っていたのね。

やっと穴から引き上げられるようになったら、

「枝先のほうを持ってください」と言われて、

柘植の枝先のほうを持ったのだけれど。

なんと重いこと、ヨタヨタヨタヨタ動き出し、

ヨイショヨイショと、掛け声だけは

一人前の掛け声出していたのに・・・

便利屋さんに。。

「もういいですいいです」って言われてしまって、

一生懸命手伝っているのに。。邪魔みたいだったわ。

最初は、柘植とムラサキツツジだけを

移動するはずだったのだけれど、

義母さんが、所かまわず植えておいた、皐月やツツジ。

木瓜の花・ラベンダーセージや、チェリーセージ達を

「あっこれも、移そうかな」「ああ、これもこれも」・・・・と。

次から次へと移したくなってしまって。。

あっちへこっちへ、植木たちは、移動したのね・・

だから、まあちゃはヘーコラヘーコラいいながらも、

便利屋さんのお手伝いを一所懸命したの。

 

午後になってはびこってしまった「龍の髭」を

ペッタリ据わりこんで引っこ抜きながら。。。

【もう参ったよう】と、思わず言ってしまったの。

左手さんはといえば。

ぬくぬくと暖かいお部屋で、お絵かき中。。。・

「お〜い少し手伝ってよう」と言いたいけれど・・

がまんがまんしたのね。

 

午後3時半・・・・・。

お隣との境近くにズラズラズラーーっと皐月が並んで、

柘植の木も庭の片隅に鎮座、いままで仲良く並んでいた

ムラサキツツジは、柘植と相対する位置に鎮座。

ほっと一息ついて見渡したら。。

家を取り囲むように、L字型の庭が出来上がり始めたのよ。

この開いたスペースをどう料理しようか。。。

これだけのスペースに、まあちゃはお花を咲かすことが、

できるのでしようか。

「まずは、パンジーから植えなさい」といわれたまあちゃが、

この庭を花イッパイにできるのかなあ。。。

ウエッパナシトイウワケニハイカナイノヨネ・・・。

あ〜ぁとんでもないこと始めてしまったのよね。。

でも、頑張ってお花咲かせてみるね。

 

2003.03.09