:

南半球へ

 

もう随分前に・・・

ニュージーランドでJapanese Guest Houseを経営するTAXIさんから、

はじめまして・・・と掲示板へ書き込みがあったのね。

熟年者、車椅子の旅行者対象のバリアフリー設計の

ゲストハウスを経営しています・・・とのことだったわ。

すごい!!  南半球からまあちゃの所へ入ってきた〜(@_@)・・

凄いなあ〜太平洋を越えて・・・ふう〜凄いなあ〜。

「ねっねっ凄いよ・・ニュージーランドだって」と息子に言ったら。

「大騒ぎしないでよ、どうってことないことだよん」と

たしなめられてしまったのね。

当たり前のことなのに、

南半球の一室から、まあちやの家の

モニターへ来てしまうことが、とても不思議に感じられたの。

そのときは、ニュージーランドへ行くなんて

思いもしなかったわ

そんな遠い所へは、個人ではとてもとても無理・・

そう想ったわ。

人間の数値より、羊の数値のほうが高い・・・と

いわれているニュージーランド。

素敵なところだなあ〜行きたいなあ〜と、

ゲストハウスの写真を見ながら。。

想いは果てしなく、ニュージーランドへ飛んで行ったわ。

 

そのうち、共同オーナーのseikoさんと、色々と

やり取りをするようになっていったのね

あろうことか・・・

昨年の夏、seikoさんが帰国したときには、

まあちゃの家まで。seikoさんは来てしまったのよ。。(^_^)

そしてねまあちゃの家の

お風呂場・階段・トイレの手摺を写真に撮ったり、

左手さんと、ペチャペチャ???と会話したり。。

楽しいひと時を過ごしたのね・・

そして・・・

「是非・・ニュージーランドへ来てください」って

娘みたいに可愛いseikoさんに言われた左手さんは。。

「ハイ、行きましょう」って言ったのよ。

それからが、大変、「いつ行くのか、いつ行くのか」

「う〜ん、でも個人でいくのは、怖いもん」と、やり過ごしていたのね。

でも

すももさんと、ニュージーランドの話を

何回かしているうちに・・・

「三人で行って見ようよ」ということになってしまって、

とうとう、行くことになったのです。

空港内は全て車椅子を手配していただいたわ。

チェックインしたところから、機内まで車椅子・・・これなら大丈夫(^_^)

行けるぞ !!  そう想ったのね。

イラクが大きく揺れ動いていたので、行くことに躊躇が生じてしまったけれど・・

とにかく行ってみようよ・・・そうしょうか。

 

というわけで・・・・・。

4月22日から5月1日まで、

左手さんとすももさんとまあちゃの三人は、

ニュージーランドへ行ってきますね。

しばらく留守になるけれど、

ニュージーからも、パソコン覗けそうなので、

お話できるかもしれません?

 

昨年のこの日々

まあちゃは入院していた・・・。

一年後、こんなふうに、海外へ行くなんて思いもしなかったわ。

健康になれたことをあらためて、感謝したのです。

 

留守になるけれど、皆さんで楽しくお話していてくださいね。

無事の帰国・・・祈っていてね。(*^^)v