愛犬パータ

 

まあちゃの可愛がっている。マルチーズのパータは。

1993年5月10日生まれの満10歳。

人間でいうと、一体幾つになるのかしらね。

いつもね、まあちゃの傍を片時も離れないのよ。

二階へ行けば、二階へ来るし

トイレへ入ればトイレの前に居るし。。。

最近は、お水ばかり欲しがって、

オシッコの回数が多くなったものだから、

オムツをしているのね。

「ハイ・・オムツ」というと。

まあちゃの胸に両手を当てて、尻尾振るのよね。。

オムツが好きな犬って珍しいわよね。

 

ニュージーランドへー行くときに、

パータをどうしようかと考えていたら、

お友達が「預かるわ」と言ってくれたの。

彼女は、猫八匹・犬二頭飼っていて、動物はお手の物。

 

ニュージーへ行く前日の午後。

ベッドとドックフード・オムツ、そしてシーツを持って、

パータは彼女の買物カートに乗せられて連れて行かれたわ。

まあちゃが後ろから来るものとばかり想っていたみたいだった。

どんな10日間だったか・・・・。

二日間は、随分と鳴いていたらしいわ。。

【一体僕はどうしちゃったんだろう】・・・そんな顔してたみたい。

そしてね、

パータのベッドは、八匹の猫ちゃんに占領され・・・。

「なに着けてんだよう」とばかりに、

猫ちゃんたちに、オムツを

引っかかれていたみたいだわ。

そのたびに 「なんだよう」って言っていたらしいけど。

部屋の中をパータと八匹の猫が走り回っていたのだから、

賑やかだっただろうね。

 

パータと10日振りにあったときは、

腰が外れてしまうのでないかと想うほど。

尻尾を振って、まあちゃに飛びついてきた・・・・・。

「おーよしよし」と言って、ギュッと

抱きしめてあげたのよ。

 

彼女の話によると、次の日も次の日も、

猫ちゃんたちは、「ニャーゴニャーゴ」と

パータを探し回っていたらしいわ。

 

パータの10日の里子体験は

猫ちゃんにも、パータにも

いい刺激になったみたいでした。

 

2003.5.13