形態感

 

形態感・・・って聴いたことある?

まあちゃは、今日初めてこの言葉を耳にしたのね。

まあちゃの街の絵描きのKさんに

一度左手さんの絵を見てあげるって

言われていたので、アトリエを訪ねたのです。

アトリエは、川沿いの緑がいっぱいの中にあるのよね。

 

風に吹かれた木々を描いた150号の絵が

壁に立てかけられてあったわ。

まるでそこに、窓があるようなそんな感じだった。

風に大きく揺れ動いている木々・・・・。

絵の中なのに、木が動いている、そんな感じだった。

暫し、二人とも、呆然と立ち尽くしてしまったの。

 

ソファーに座って、左手さんの描いた絵を差し出したら。

kさんは、丁寧にじっとみいっていて・・・・・。

開口一番 「おーこれは凄いなあ」って言ったの。

左手さんは神妙な顔をして、自分の描いた絵と

Kさんの顔を交互に見ていたわ。

額には汗いっぱい・・・・・・だった。

そして、

全体像を描いた絵を見て、

「シッカリ描かれてる」って言ったのね。

頭でっかちになったり、尻つぼみになったりするけれど、

きちんと描いていて、描いている目線が上からか、

斜めからか、分かるって言ったのよ。

そして、定規を持ってきて、平衡になっているとか、

斜めになっても、平衡を保っている・・・・とか。

まあちゃは、ただただ、

「ふ〜んそうですか」っきり出てこなかったの、

そして、

「形態感を元来持っているから、こう描けるんです」って

言ったのね・・

この形態感を持っている人は、難なく描けるのですって、

絵を習っても、この形態感を持っていないと、

なかなか、形がつかめなくて、上達しないのだとか・・

あぁ・・だから、まあちゃは絵が描けないんだ・・って

その時思ったのね。(T_T)

これからも、ドンドン、描いていってくださいって言われて・・

左手さんは上機嫌だったわ。

でも、色付けのところでは、細かなチェックが入ったのよ。

今、トップに飾ってある。「牧場の風景」の色・・・・。

下の緑が少しキツイ、どっしり感はあるけれど、

重さを感じてしまう。

左上の牛の色は、もう少し濃くしたほうがいい・・

でも、絵は、あくまでも描いた人の感性だから・・・

と慰めの言葉も貰ったのね。

左手さんは、神妙に聴いていたけれど、

とても嬉しそうだった。

「良かったね」って言ったら。満足げに

「うんうん」とニコニコしていました。・・・(^^♪

専門家にみていただいて、ますますも描くという意欲が

出てきたみたいだったわ。

帰宅したら・・直ぐに机に向かってしまったのよ。

形態感・・・・・持ちたかったなあ。。

 

2003.07.16