話す

 

「あのねえ〜気分が もやもやしちゃってさ

話したいことが、いっぱいあるんだあ」って

まあちゃの妹分から、定期便の電話があった。

彼女は時々電話をしてくるのね、

硬い仕事についているから、

ストレスが溜まるみたいだわ。

「分かったあ、じゃ、ドライブして美味しいもの食べようよ」

そんなわけで、山のレストランで

美味しい『岩魚のから揚げセット』を食べ、

山の湖で、話しを聴いていたのね。

職場のこと、メールのこと、病気のこと、

いっぱいいっぱい、吐き出すように話していたわ。

人って、モヤモヤや ムシャクシャが吐き出せないと、

胃が痛くなったり、頭痛がしたり、物に当たったりするでしょ。

まあちゃも時々そうなってしまうけど・・・・(T_T)

心の中のわだかまり、モヤモヤイライラムシャクシャを

言語化させて吐き出してしまうと、気持ちが納まって、

すうーーっと楽になって、気持ちが、ストンって

落ち着いてくることがあるよね。

 

以前、話す・・・ということは、「放す」「離す」だと

聴いたことがあったけれど、

心の中を話すということで。

心の中から嫌な思いを引き離して、解放すれば

嫌な思いから遠ざかることが出来るのよね。

遠ざかってみると、自分の想いが見えてきて、

自分の心と向き合えるのかもしれないね

 

だから、〔聴く〕 ということは、

心の疵に 〔効く〕 ということなのかな、

なんて思ってしまったわ。

 

まあちゃのモヤモヤ解消は、

この【日々雑感】かもしれないわ。

だって、何時も 

【話し言葉】で 書いているでしょ(^^♪

だから・・・・

まあちゃの話を聴いてよね。

 

2003.12.8