聴いて・・・

 

左手さんは、左脳の機能を失い。

読む、書く、話す、計算するが、出来なくなって・・・

12年経ったわ。

12年経った今も、左手さんは、話すことが、ままならなくて、

文章を書くことも、計算することも、出来ないのよね。

寒い日でも、額に汗をいっぱい浮かべて、

必死に言葉を探して、まあちゃに伝えるのよ。

言葉が出るのを、まあちゃは、じっと待っている。

そんな、日々が、もう、12年ずっと続いているわ・・・・・。

時々、「何、なんなの 」と、

冷たく言い放ってしまうこともあるけどね。

いけない・・まあちゃだよね。

 

お得意の絵を描いても、急いで描くから、何の絵か

解らないときがあるのよね。

するとね、怒るのよ。 すご〜〜〜く 怒るの (T_T)

あのね・・・面白いことに、

すべてが 「ラーメン」という言葉に なってしまうことがあるのよね。

犬もラーメン・新聞もラーメン・散歩もラーメン・お風呂もラーメン

「なんで、ラーメンなの?」っていうと、苦笑いしているわ。

でも、言語になっていないのに、

あ・うん、の呼吸 というのかしらね。

さっと、まあちゃは、解ってしまうこともあるのね。

そんなときは、ふたりで・・「あれ・・解っちゃったね」と笑うのよ。

そんなときのほうが、多いかなあ。

 

最近は、絵を描くことに、疲れてしまったみたいだわ。

日がな、読めない本を開いたり、

絵画の本を開いたりしているのよ、

そして、「先生、ここ読んで、」とか

「ここ、教えて」というのね。

そうなの・・妻のまあちゃは、

今でも、先生になってしまうのよね。

チョット・・・切なくなるの・・・・「先生」って言われると。

そういう時は、「待っててね」はダメなのよね。

何をしてても、すぐ対処しないと、ダメなの。

以前は、まあちゃに向かって

「今・・いい」って聞いたのだけれど、

今は、即刻でないと・・・だめ〜〜なのよね。

だから、本の内容を声をだして、

読み上げて、、説明するのだけれど、

絵のことが、トンと解らないまあちゃは、

説明に、とても苦労してしまうのね。

そして、とても疲れてしまうの・・・・。

 

さっきね、チョットしたことで、喧嘩になってしまったのね。

怒っている言葉も、異邦人のようなのよ、

 

だからね、一人で、ぼんやり考え込んでいたの

そして、思ってしまったわ。

サッサツサッーー。サッサッサッー。サッサッサッーって、

想いを、言葉にして、どんどん どんどん どんどん吐き出して、

言い合えたら、言い交わせたら、

お互い、左手さんも、まあちゃも

どんなに、スツキリするだろう。

どんなに、爽快だろう。

なんてね、思ってしまったんだよね。

はあ〜〜・・・・・。

 

無いものねだりは、するもんじゃないよね。

しちゃあいけないんだよね、

するから、イライラしたり、切なくなったり、

悲しくなったりするんだよね。

まあちゃは、こうして、想いを言葉にして、

『聴いてよ』って言えるけれど、左手さんは、

出来ないで、ジット堪えてしまうんだよね。

左手さんのほうが、ずっと ずっと ずっと辛いんだよね

わかっているんだけどさ。

わかっているんだけどね。

 

まあ、仕方ないよね

現実を しっかりと、受け止めなくっちゃね

 

長々と、愚痴ってごめんね<m(__)m>

愚痴れるまあちゃは幸せ者です(*^^)v

 

これから、左手さんのところへ行って

左手さんの愚痴を聴くわ,聴き取るのは、

まあちゃしかいないのだもんね

必ず、言葉を聴き取ってくるね。

じゃあね・・・読んでくれてありがとね(*^^)v

 

2004.02.26