助っ人

 

だんだん、作品展が近づいてきたわ。

ドキドキしているのね、成功させようなんて思わないけれど・・・。

どんなふうに見ていただけるのか、とっても楽しみで、気になって、

お顔をさらすのも勇気がいるし・・・ね。

色々なことを思い浮かべていたら、手の動きが止まってしまって、

えっとう・・・これはあ・・・なんていいながらやっていたら。

「啓ちゃんママ〜お手伝いしますう」と言って、次男の大切な人が

あれよあれよというまに、色々な手立てを考えてくれたのね。

あらら・・あらあらって、まあちゃが言っているまに、

色々な小物が揃ってしまったのよね。

それもね「それじゃ、あのお店に買いに行こうか」って言ったら、

「ダメダメまずは100円ショップから見なくては」って言うのよね。

「えっ100円ショップ」

「そうです。揃っちゃうんですよねえ〜」

その言葉のとおり・・・・

欲しかったものが立派な形で100円ショップにあったわ・・・

まあちゃは(^O^)/顔になってしまったのよね。

何が欲しかったか・・・ナイショです。終わったときにお伝えしますね(*^^)v

長男も次男も色々助けてくれています。

ハガキの印刷・絵の印刷・飾る順番・・・・。

計算機を持ち出して、「9.1メートルだからあ・・・14枚でえ〜。」

なんて言いながら、家中で、ヨイショヨイショ準備しているのね。

そんなまあちゃたちを左手さんは、もみ手のつもりなのか、、

ニコニコしながら、左手で右手を摩っているのよね。

「言葉が出ない」も再編集して、数部だけ、置くことにしたのだけれど、

鋭い・・チェックが入ってたりしているのよね。

そんなこんなの日々が続いていたけれど、

やっと一段落しそうだわ。

後は主役の左手さんのオメカシ・・・考えなくちゃ。

来ていただいた方と握手するのですって(#^.^#)

 

2004.04.18