作品展、

 

作品展をやろうと思い立って、支度をし始めて、

まだ時間があるなとど思っていたら、追い立てられるように

時が流れてしまって、とうとう、明日になってしまいました、

でも、どうやら、準備万端整いました。

あいさつ文も、額の題名も、みんな左手さんが

左手で書いてくれました。

自分ことだからと、嬉々として、ニコニコして書いてくれたわ、

 

【言葉が出ない】を数部だけれど、再編集して、

一冊にまとめて、表紙には、左手さんの絵を使ったのね。

そして、その冊子を左手さんは夕べから読んでいるのよ。

「読めるの」って聴くと「う〜んわかんないけど」って言いながらも、

ページをめくっていたわ・・・・少し分かるみたいだったわ。

そして、今日、久しぶりに実に久しぶりに倒れた頃の話になって、

言葉が出なくなってしまったこと、息子が泣いた話や、

和田さんの話し、リハビリで辛かったこと、色々な話をしながら、

よく頑張ってきたねえって、二人で言ってしまったのです。

あの頃のこと思うと今の私たちが信じられない・・・・・。

左手さんの目にうっすら涙がにじんでいたわ。

作品展で、ラフな格好をと思っていたら、ネクタイを締めるというのね。

ネクタイ嫌いだったのに、キチンとして、皆様を迎えたいのだそうです。

言葉はきっと少ないと思うけれど、「どうもありがとう」くらいしか

いえないかもしれないけれど、どんなふうに作品展が、

始まってそして終わったか・・・・・。

終了したら。。報告させていただきますね。

明日、23日から25日まで会場の東久留米に宿泊しますで、

留守になりますが、皆さんでおはなしていてくださいね。

今夜はなぜか、目が冴え冴えしてしまって。。。眠れるかなあ(^^♪

じゃ・・・頑張って、3日間過ごしてきますね。

 

2004.04.22