さようならトリカラ

 

二年(ふたとせ)の爪跡残し去る猫に一員なりしと思う朝夕

 

トリカラって? って思う方もいらっしゃいますよね。

トリカラは、猫の名前なのよ、

事情があって、一昨年の5月半ばから、まあちゃの家に

居候をしていたデブネコなのよね。

その、トリカラが一昨日の午後、とうとう、家を出て

飼い主の次男の所へ戻って行ったわ。

ものすごく太っていて、体重6キロ。

デモ美男子だったのよね。

 

ネッ・・美男子でしょ。

可愛いでしょ。(^^♪

 

食べるものといえば、キッャトフード一筋だったわ。

キャットフード以外は、決して食べなかったのよね。

だから、言うことを聞かせるために・・

食べ物のでツルなんてことは一切だめだった。

爪研ぎがあるのに、襖に飛びついてやぷってしまうし、

毎日掃除機をかけないと毛は飛び散るし、

トリカラとパータが追いかけっこするものだから、

畳も傷んだし、

はあ〜もう嫌だ〜って思いながらも、

遊んであげていたのよね。

もしかすると、

遊んでもらっていたのかもしれないね。

 

キャットフードが欲しくなると

なんとも言えない声を出したのよ。

あれって本当の

「猫なで声」なのかな。

昨日ね、

帰宅したときに

いつもの「にゃ〜」が聞こえなくて

のそり、のそりと歩き回っている姿が見えないから

あれ、トリカラ・・は ?

「トリ〜トリカラ〜」なんて呼んでしまったのよね。

あっ、もういないんだっけ・・・・・。

いなくなってみて、

改めて存在感があったんだなって思ったの、

アイツも家族の一員だったのよね。

今頃、何しているのかな・・・・。

きになるな・・・・。

2004.09.05