うたたね

 

今日、若い男の子と

二時間ほど話をしていたのね。

パチンコで勝ったとか、温泉に行ったとか・・・・(#^.^#)

カレが、帰ってしまったら、急に眠気がさして、

ゴロンと横になったら、グーグーグーって、

眠ってしまったのよね。

途中。目を覚ましかけたのだけれど・・

モウチョイ、眠いよう・・・・・と寝てしまったの。

こんなふうに、眠ってしまうことは珍しいことだわ。

よっぽどお疲れさんだったのかなあ。

義母のハルちゃんの病院へは、

夕方は、

妹が行ってくれると言っていたから

ほっとしてしまったのかもしれないね。

そしたら、変な夢を見たのよ。

古びた、喫茶店の硬い椅子に座って

お話しているのだけれど。

窓際にいる人達は、

「まあちゃのぺーじ」へ遊びに来てくれる方だったわ。(^_^)

デモね、逆光でお顔が見えないのよね。

まあちゃが、何かしゃべっているのを「ウンウン」って

聞いているから声もなしなのよね。

面白いよねえ。

そしたら、

そこへ沢山の鳥が飛んできたのよ。

自由に喫茶店の中を飛び回っていたわ。

「写真撮らなくちゃ」と構えて、鳥さんを狙ってみたのね。

みんな逃げ回ってしまうけれど、

一羽だけジットしている鳥さんがいたの・・・・。

「よしっそのままだよ」そう言いながら、

ぐっと引き寄せてみると、鳥の顔が大きくなって

ものすごく大きくなっていって

目の前に現れたのは。

ハルちゃんの顔だったのよね。

いつの間にか・・・

喫茶店は、

石ころだらけの山に変わっていたの。

石ころの上にハルちゃんがいた。

そこで、目が覚めたのよね。

 

妹が行っても

ハルちゃんのところへ

行けばよかったかなって思ったの

 

夢って面白いよね。

気になっていることとか

願望が現れるって言うけれど・・・・・。

なんか、とても疲れる夢だったのよん。

 

今夜は、眠りにくそうだけれど、

夢の中で、自由に飛びまわって

行きたい海へ行ってみるね。

 

20040.09.19