別 離

 

ご心配おかけしました闘病中の、

義母ハルが

11月27日午前5時03分

永眠いたしました。

 

昨夜は、呼吸が安定してきたから・・・・と

帰宅したのですが、

明け方、

「呼吸が止まりました」・・・の電話。

 

明やらぬ街へ車を走らせ

病院へ駆けつけました。

心臓がわずかに動いている状態で

脈拍の数値が徐々に徐々に

下がっていって

「0」になりました。

 

義母に言いました。

「大介の手術も終わりまあちゃの体力も回復し、

全てが順調になるまで

頑張ってくれてありがとう。

苦しかったでしょうね。

ここまで、頑張ってくれてありがとう」

そう、伝えました。

 

色々と確執のあった義母とまあちゃ。

最後の最後に温かな心が通い合えた

そう、思えました。

 

ハルちゃんを乗せた車の後を

追いながら西へ向かって車を走らせたら、

前方に

大きな大きなお月様がくっきりと

宙に浮かんでいました。

とてもとても綺麗なお月様だった。

 

そんなわけで、まあちゃは一週間ほど

お休みいたしますね。

ハルちゃんをシッカリと送り出します。

一週間後。笑顔で又登場します。

それまで、皆様でお話していてください。

 

 

2004.11.27