:

心配

 

このところ、出かけることが続いてしまって

yukioの囲碁クラブのことを失念してしまったのね。

土曜日は、公民館へ囲碁を打ちに行くことを

唯一の楽しみにしているのに、

それをまあちゃは、うっかり忘れてしまった。

一日の夜おそくに、

「明日は,△◇○×」って言うから、

「アッソウだ囲碁だったけねえ、たまには休まない?」って言ったら、

口をトンガらかして、不満顔。

近所に一人だけ、囲碁クラブへ行っている人が居るけれど

時間も遅いし、明日の朝は早いし、

電話を入れるのも悪いし。

どうしようかな〜。

2日の土曜日は研修と言っても、

半分は遊び・・・。ドタキャンしちゃおうかなぁと

想ったけれど、それも出来ないし。

とりあえず、

「みッちゃんの所へ行って乗せていってもらってね。」って

言ったのよね。

土曜日は、まだyukioが、眠っているうちに家を出たわ。

お昼少し前に、yukio の携帯へ電話を入れたのね。

「これからいく」というから、

「乗せていってもらってね」としつこく言ったのよ。

公民館までの道は、県道を歩かなければならなくて

車の往来が激しいうえに、カーブの先の横断歩道を

横断しなければならないから、危険なのよね。

気になったけれど。

出かけてきてしまったのだから、

どうしようもない・・・。

こんなに気になるなら、

ドタキャンしちゃえばよかった、

なんて、想ってしまったのね。

公民館までは一キロ弱・・・・・。

車ならあっという間に着いてしまう距離だけど

歩いたら、、yukioの足で20分は掛かるわ。

 

17時過ぎに携帯へ電話してみたら・・・・・。

なかなか、でない・・

どうしたのかな?

10回鳴ってやっとでたわ。

yukio の細切れの単語をつなぎ合わせたら、

そしたら

なんと

往復歩いたというのよ。

思わず

「えっ偉いねえ〜凄いじゃない歩いたんだぁ」

なんて、大きな声で言ってしまったのよ。

なんか

電話の向こうで

「どうだい」と偉そうな顔をしたyukioの顔が浮かんだわ。

心配したけれど、まあちゃの心配をよそに、

yukoは県道をテクテクテクテクと往復歩いたのよね。

心配していたのがバカみたいだったわ。

これでまた一歩前進・・・・だよね。

これからは、まあちゃは送迎しないで。

歩いていってもらおうかな?

 

2005.04.03