玉子

 

転居のために、老犬ホームへ預けた玉子。

別れてから直に一年になるわ。

「どうしてますか?」

「元気ですか?」 と、

なかなか聴けなくて、聴くのが怖くて

とうとう、一年近くたってしまった。

先日、「老犬ホームももさん」へ、思い切って、電話したら、

「元気ですよ、ケンカもしないで、

おとなしく良い子にしていますよ」

そう言われたのです。

そして、

「今、傍にいて、足をなめてますよ」って・・・。

そしたら、その途端「ワンワンワン」って、

懐かしい玉子の鳴き声が聞こえたわ。

女の子なのに声が大きくてね。

なつかしかったぁ〜。

電話口で思わず、「たまこ〜」って呼んでしまったのね。

 

ここで、

後期分の代金を支払わなくてはなら無いのです。

金額・・360000円。大金だけれど、玉子だけに

しわ寄せが行ってしまって、

ワタシたちが、今の場所で快適に住めるのも

玉子が我慢して、和歌山へ行ってくれたお陰、

そう思うのよね。

だから、少しも惜しくないのよね。

オーナーさんに聴きました(^^♪

「玉子に会いに行きたいです。覚えていてくれるかしら」って

そしたら

「30分ほど経つと、どの子も、

あれ ?  あれぇ〜〜っていう感じで、

思い出しますよ」 そう言われたわ。

だから、

2月5日に羽田へ前泊して、

6日早朝の飛行機で、

8日まで和歌山へ行ってきますね。

でもね

玉子が、ワタシたちを思い出して、

一緒に散歩して遊んで、

楽しい楽しい時間を過ごして・・・・・。

別れの時間が来たときに、

玉子はどう思うだろう。

一緒に帰れると思うだろうね。

だから、

そのときの心の準備を怠り無くして、

玉子に会いに行ってくるね。

「また、くるからね」って約束してきます。

 

2007.01.22