雨の夜

 

書くことは、内面を吐露することなのかな

吐露すれば、

文字にすれば

其処に自分を見出せるのかな。

そう・・・書くことによって、

あらためて、自分と向き合えるということはあるよね

なんとなく、以前のワタシが消えていくようで・・・。

優しさも、忍耐も、失われていきそう・・・そんな気がするの

でも反面、其れが喜びのようだったりしているわ。

今日はね、壁に向かって、正座していました(^_^)

内観の真似したけれどさ。

新たな自分にあえなかったわ。

昼間は

あんなに蒼い空だったのに

今ね、静かに雨が降っています。

でも、雨音は聞こえません。

以前の家だったら、雨音が聞こえてきていたのにね、

ベランダから見える街頭の灯りの中に

「白い雨の線」を見るだけだわ。

雨の日が続いて、気温が下がって、本格的な冬になっていくのよね。

早く、うんとうんと寒い冬が来れば良いなあと想っているの。

身が締まるほどの寒さの中を歩きたいなって想うのよね。

冬なら冬らしくなってくれればいいのにね。

もうじき・・師走なのよね。

 

なんと・・・この一年の早かったこと。

 

ネンネン早くなるのかしらね。

2008.11.25