先日。耳にした言葉が頭から、離れなくて、

「どうして?」と想うことがあるのね。

「解禁が待ちきれなくてね。解禁日が来ると

さぁ。。行くぞと、銃を持って山へ行くんですよ」

話は、聴き手ではないワタシの耳にも、容赦なく入って来たわ。

山に入り、銃を構えて、イノシシ。ウサギ。シカ・・・を撃つのだという、

イノシシと犬が戦って、犬が死んだこともあるとか・・・。

撃つ・・ということに快感があるのだという。

生あるものの命を絶って快感を得るだなんて・・・。

なんか、身震いがしたわ。

時には、動物と間違えて、人を撃ってしまうこともあるけれど

めったに起きないけれど、起きてしまうこともあるとも話していた。

そして、ドキリとした言葉は。。。。

話し手の仲間が、猿に出会って銃を構えたら

猿が、「撃たないで」と手を合わせたという。

手を合わせたなんて本当だろうか。? そして、撃ったのだろうか?

逃がしたのだろうか?

話し手の人は、そこで言葉を濁してしまった。

田畑を荒らすイノシシを退治したというニュースを観て

ほっとしたことがあったけれど、

解禁日を待ちに待って、【動物を撃ちに山へ入る】

命を絶つことに快感だなんて。。。

きっと、いつか、その報いが来る・・・そんな気がしたの。

 

2008012.17