料理

 

夫が料理に手を出し始めて半年

まだまだ、ひとりで、「おかず」なるものを作ることは出来ないけれど

どうやら、「味噌汁」だけは1人で作れる様になったわ。

豪快に切った不揃いのお豆腐やネギが妙に美味しいのよね(^.^)

「もしもワタシが先に逝ったら・・・」という言葉が

彼にとっては衝撃だったみたいなの。

「味噌汁合格点だね」と言ったら、嬉しそうに「うんうん」と頷いていたわ。

「ご飯も仕掛けられるし味噌汁も作れるこれでもう大丈夫よね」

と言ったら、変な顔して 「△○×△○×」 ????

何を言っているのやら、サッパリわかんない。

どうやら

「先に逝く」と言うことに拘っているみたいだった。

「ワタシに最後を見送って欲しいの?」と聞いたら、

大きく深く 「ウン」と頷いた。

だから 「大丈夫ちゃんと見送るから、後から逝くから」と言ったの。

先のことは誰にも分からないよね。

でもね

料理だけは出来るようになろう・・・と

いろいろと作っているのです。

ブキッチョな格好で切りながら、煮たり焼いたりして

「オカズ」が出来上がっていくことに楽しみを見出したみたい。

明日から、ワタシは雪国へお出掛けするけれど

留守の間に食べる「おかず」を今日作りました、

カレー。

今、コトコトと煮込んでいます。

ハンバーグもコネコネして作りました。

おでんもコトコト煮込んでいます。

これで、

三日分の食事が出来上がったわ。

温め方・・・ちゃんとできるかな。。。

 

そんなわけで、明日から三日間、雪国へ友達と行って来ますね。

 

2009002.14