撮る

 

写真を撮るということは・・・。

持ってる限りの知恵を搾り出して撮るものらしい。

花は花であって花でなく。。。

『花は美しい』の言葉をくつがえすように撮るといいらしい。

難しいよねえ。

風景は、舞台であって、そこに何を登場させるか・・・。

何を主役にさせて何を人に伝えたいのか。

ただたんに「綺麗」だけを伝えるだけじゃ駄目みたいだわ。

何か目を引くものを風景の中に「点」として入れるといいのだと聞いた。

「人の目をひきつける点」を入れるなんてねえ。

なかなか、そんな光景には出会えないよね。

だから

「待つ」ということが大事になるんだろうね。

待つということの大事さを楽しさを苛つきを

今回の棚田を撮ることで学んだ気がするのね。

 

ワタシが撮ったときの気持ちを

見た人が感じ取ってくれたら

最高に嬉しいけれど、

でも感じ取ってもらえるように撮ることは難しいよね。

そう・・・かなり難しい・・・なあ。

車が来るのをじっと待っていたワタシです。

薄暮の棚田の一台の車のライト・・・・・・。

これが「点」になればいいのだけれどねぇ。(^^♪

 

諸事情で、しばらくの間お休みするね。

体調が悪いわけではなくて、

色々と立て込んでしっまたので

少しの間おやすみしますね。(^^♪m(__)m

 

2010.05.22