グループホーム

 

市内の山間に小さなグループホームがある。

そこで、ボランティアとして活動している友達が

遊びに来ない? と言ったので訪ねてみた。

あまり日当たりのよくない場所だったけれど

綺麗に清掃が行き届いた綺麗な施設だった。

月曜から金曜までは市内のある場所でみんな働いている。

年齢は。50代、60代の知的障害を持った人だ。

福祉事務所に居た頃、時たま、話をした人たちが居た、

まったく覚えていない、当たり前だよなあ。もう10数年経つのだもの。、

ちぐはぐな会話を交わした。

オーム返し

同じ言葉のくり返し

だんまり

でも、笑顔がとても純粋で子供みたいだった。

Eちゃんは【風邪引いた風邪引いた】と言っている

熱を測ったら37度5分もある・・

「あったいへんだぁ寝よう寝よう寝るのが一番」と言ったら

「寝るのが一番寝るのが一番」といいながら、自分の部屋へ行き

ピンクの布団を被って寝てしまった。

そして。60歳のSさんの一言・・・  「おかあゃんにあわなくちゃ」

友達の一言・・・ Sさんの目をじっとみて、

「おかあちゃんは、死んじゃったよね」

「・・・・・」 

「この間、死んじゃったんだよね」

「あ〜死んじゃった、死んじゃった、うん,死んじゃった」

そういって

寂しそ〜〜な顔をした。

ワタシの胸がキュンとして思わず涙こぼしそうにっなたけれど

涙見せてはいけないとじっとこらえて、

60歳なのに子供みたいな Sさんに向かって

ワタシは、

「今度来るときは、犬を連れて。ケーキ持ってくるからね」と言った

そしたら、

顔が輝やいて 「うんうん」と言い、少しだけ笑ってくれた。

少しの笑顔がとてもとても嬉しかった。

来週の土曜日は、マークを連れて、ケーキを持っていかなくちゃ。

 

2010.12.04