あのね

 

あのね

今まで何回も手術して、全身麻酔も数回受けているのに

なぜか今回の手術の全身麻酔がとても怖いの。

何でなのか・・・意識が遠のいていくあの瞬間を思い出すと

『怖い』と思ってしまう。何でだろうな。

まな板の上に乗って数ヶ月経つからかも・・・・。

深い眠りの中にいりこみ、目覚めれば全てが終わっているんだ。

・・・と思えばいいけれど・・・そのまま目覚めなかったりしたら、

なんてね変なこと思ってしまうのよね。

時折、イラついたり、落ち込んだり、快適になったり

最近は色々な私が出現しているわ。

先日の検査入院で心療内科で入院している隣のベッドの

40才前後の女性がカーテンの向こうから

「大変な病気なのになんて元気なんですか」って聞いてきたのよね

「めそめそいらいらすると病気に負けちゃうから」と

ワタシは格好良く応えたわ。

でもそのときは本当にそんな気分だったのよね、

その彼女そのとき、息を飲んで、とても驚いたように、

『そういう考えあるんですね』って言ったわ。

ワタシの一言が彼女に衝撃を与えたみたいだった。

衝撃を受けた彼女のこと思い出して「怖い」なんて

思わないようにしようと思ったの。

それと、

最近、ある人の『男の宝物』のことで衝撃的な事実も知ったり

ボランティアのお仕事で、行方不明者探しに奔走したり

体力。精神をフル回転していたら、少しだけ不安から開放されたのよ。

来週は、きついきつい大腸検査があるわ

もう一息がんばらなくちゃよね

 

2011.10.22.(雨)