いつか

 

いつか・・という文字を漢字にすると

五日 何時か が浮かびますよね

「何時か・・・また逢おうね。」 そんなふうに約束することあるけれど

「いつか」というのは、数えることのできない

そして、予測することもできない「未来」なんですねえ。

自分の中で、数週間後、あるいは数ヵ月後と思っても、

相手は、その場しのぎの言葉だったりするから・・・。

ホント・・「いつか」という言葉は、予測出来ない未来なんですねえ」

「いつかまたあおうね・・・」そんなふうに

手を振って分かれた友がいたけれど、

「いつかは・・もう10年経ってしまったわ」

 

白樺湖でね

宿泊したホテルのスタッフの方に

 「奥様に以前、お会いしたことがあります」と言われたの。

「えっ」????状態だったわ。

ワタシには、なんか覚えの無いお顔なんですよねえ、

「えっと〜」と、思い出そうとしても想い出せなくていたら・・・・。

「真夏に、伊豆の稲取観光ホテルに泊まりましたでしょ

そのとき、フロントに居たのが私です」・・・・と言ったわ。

そう言われても、思い出せなかったのよね。

あまりの偶然に恐怖さえ感じたんわ。

「お客様のお顔覚えるのが仕事」というけれど・・・。

『こんな偶然ってあるのかよーーーーー』て思ってしまったのよね。

 

その方に

「今度・・・いつか・・・・季節のいい春か秋に旅の空の下で

また。お会いしたいですねえ」と言われたわ。

ワタシは

「怖いくらいの偶然が、またいつか起きるかもしれませんね、

そんな日が来ること・・・きっとくることる願っているわ』と言いました。

でも、ワタシの心のなかは、

「ありえないなあ」という気持ちいっぱいだったわ。

 

「いつか」という言葉を約束したとき・・・・。

あなたはどのくらいの期間を連想しますか?

 

2012.01.15(日)晴れ