待つ

 

大事な愛犬のパータが帰ってこない。

昨夜、忘年会を早く切り上げて帰ると。

息子が、

「パータが出て行って、30分経つけれど何処にもいない」と言った。

まあちゃを探しに、外へ飛び出したみたいだった。

真っ暗な畑に向かって、

「パータ・パータ」と連呼したけれど反応なし・・・。

玉子ちゃんの傍にもいない。

お隣の、マメちゃんの傍にもいない。

23時頃まで、強風の中、夜道を探し歩いた。

何処にいるのだろう。

もう、12歳。

年をとっているから、yukioが散歩につれて行っても、

いつも先に帰宅してしまい、

ベランダから、まあちゃに向かって、

「入れてチョウダイ」と催促していたのに、

そんなに、遠くへいけないのに、

階段も一段一段昇ったり、

ソファーへも飛び乗れなくなっているのに、

そんな老体になっているのに

帰ってこない !!

車に撥ねられて、何処かへ遺棄されたのか。

うろついていたパータを

「かわいい」・・・そう思った人が、

連れ去ってしまったのか、水路に落ちてしまったのか。

いろいろな想いが、頭の中を駆け巡っていた。

ベランダに面している雨戸を開け、

カーテンを開けパータを待った。

着替えもせず<お風呂へも入らず、

昨夜はウトウトとしているまに

夜が明けてしまった。

早朝、パータを探しに、また歩き回った。

犬の散歩の人に

「オレンジのストライプの洋服を着てます、見かけたら教えて」と

頼み込んだ。

家の中に居ても、落ちつかなくて、

外をウロウロしているまあちゃです。

たかが犬・・・。されど犬なのよね。

こうして、パソコンi座っていても、すぐ左のベランダに

パータが現れないか・・待っているのです。

今は、待つしか、なす術がないのよね。

こんな別れ方はしたくない。

もう一度、パータを抱きしめたい。

願わくは、

犬好きな人の温かなお部屋で、パータがノンキに鼾をかいて

寝ていることを願うのみです。

待つ・・・・・。

帰巣本能を働かせて

帰って来てくれること願っているわ。

待つ・・・。待つ・・・。

パータ、待ってる

帰って来て・・・・・。

2005.12.23