痛 み

 

ちょっとね、体調が崩れてしまって、

まあちゃはオタオタしていました。

右腎臓にあった石が動き出したらしくて、血尿は出るし、

腰や腹部が痛くてね、う〜んう〜んの時間を過ごしていたのよね。

去年ね、先生は「石はそのまま、腎臓の中で遊んでいるよ」って

言ったのにさ・・・・嘘ばっかし・・・・。

何しろ、あまりの痛さと、血尿の酷さに怖くなって、

昨日、医大の救急外来に受診したのね。

そしたら、

腎臓が腫れているって言われて、ドッキンコしてしまったわ。

レントゲンを撮ったら、真ん中にいるはずの石が

そうねえ・・大きさは8ミリ位なのだけれど

腎臓の下のほうに居るのよね。

救急外来の先生が、

「これじゃ背中や腰が痛かったでしょ」って言ったわ。

イタイカラキタノニナ・・・・なんて、心の中で思っていたのよね。

取り合えず、止血剤と痛み止め出しますって、

真っ赤な錠剤をくれたわ。

そして「明日、外来受診してください。混みあいますけど

頑張って待ってください」って言われたのよね。

今日もまだ、痛みは酷いけれど、

薬の効き目って、凄いよね、

血尿が瞬く間に薄くなっていったのよ。

怖いくらいの効き目だった。

そして

今日、10時30分の予約で医大へ行ったわ。

多分受診は12時頃そう思っていたら、

電光掲示板に「D3」が、提出してまもなく表示されたのよね。

10人程も飛ばして、呼ばれたわ。

ラッキーーー(#^.^#)

主治医曰く。

「昨日、救急で診た先生が、昨夜、先生の患者さんが来たと言ってね。

誰かと思ったら、あなただった」と言ったわ。

救急にきたから早く呼んだ・・・そんな感じだったわ。

そして

「石が下がってきちゃってるねえ。ここまできちゃ、出してしまいましょう

排出促進剤を飲んでみてください。痛みが酷く来ると思うけれど、

座薬も出しますからね」

「はい、飲んでみます。

あの、石が出るときって、コトンとか音がしますか」と

真面目顔で効いたら、先生は笑い出して

「男の人の場合は分かるけれど、女の人はねえ・・・」と

まだ、笑っているのよね。

そんなにおかしい質問をしたのかなと、

恥ずかしくなってしまったまあちゃでした。

とにかく、四週間、座薬を使いながら、

結石の排出促進剤を飲むことになりました。

どんなふうに、出て行ってくれるのか、

【コトン】と音がするかどうか

とても・・・楽しみなのよね。

こんなふうに思わなくちゃ、痛みに耐えられないよ。

とは言うものの、今より、もっとひどい痛みが来るらしいわ。

それに、座薬って、苦手なのよね・・・(T_T) 

ひどい痛みが来ると、

まあちゃは、また、ヘナヘナしてしまうかもしれないけど

そんなときは

「がんばれよん」とか「喝・・カーーーーツ」なんて声援してね。

 

2006.02.20